前へ 1 2 次へ

画面もCPUもトップクラスなのにこのお値段がウレシイ!

ASUS「Vivobook 15X OLED」は有機ELにHプロセッサー搭載で10万円台の「お買い得ハイパフォーマンスノート」だ

文●写真 ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは15.6インチ有機ELディスプレーを搭載したクラムシェル型ノートPC「ASUS Vivobook 15X OLED X1503ZA」(以下、Vivobook 15X)を7月14日に発表した。

 本製品はリフレッシュレート120Hz、2880×1620ドットの有機ELディスプレーを採用。ディスクリートGPUは搭載していないが、3Dグラフィック性能に定評のある「インテルIris Xeグラフィックス」を内蔵する「Core i7-12700H」が採用されており、「ファイナルファンタジーXIV」などの3Dゲームをストレスなくプレイできる性能を備えている。また有機ELディスプレーは広色域なので、クリエイティブワークにももってこいのマシンだ。

 ASUSでは、Vivobook 15Xを、自分のPCの速度に不満が出てきた大学生から、マルチに仕事をこなす若い社会人向けの「お求めやすい価格のパワフルノート」に位置付けている。

 同時に、14型の「ASUS Vivobook 14X X1403ZA」も発表となった。こちらもインテルの12世代コアHプロセッサーを搭載したパワフルマシンで、ディスプレーは有機ELではないが、16対10比率のWUXGA(1920×1200ドット)で、タッチパッドに指紋センサーを搭載しているのが、15型との大きな違いで、直販価格は13万9800円からである。

「ASUS Vivobook 15X OLED X1503ZA」直販価格15万9800円~

CPUは第12世代のHシリーズを搭載で端子類もフル装備

 Vivobook 15XはOSに「Windows 11 Home 64ビット」、CPUに第12世代(Alder Lake)の「インテルCore i7-12700Hプロセッサー」を搭載。14コア(Pコア×6、Eコア×8)で20スレッド、最大4.7GHz。通常の高速モバイルノートが積むPシリーズはTDP28Wだが、12700Hは45Wと2倍近いパワーを持つ。メモリーは16GB(DDR4-3200)、ストレージは512GB(PCIe Gen3 x2接続)を搭載している。

 ディスプレーは15.6型有機EL(2880×1620ドット、120Hz、グレア、タッチ非対応)を採用。ディスプレー上部にはプライバシーシャッター付きの92万画素ウェブカメラと、アレイマイクを内蔵。スピーカーは本体底面に2W×2を配置している。

 インターフェースは、USB 3.2 Gen1 Type-C(映像出力と本体への給電非対応)×1、USB 3.2 Gen1 Type-A×2、HDMI×1、USB 2.0×1、3.5mmコンボジャック×1を装備。ワイヤレス通信はWi-Fi 6(11ax)、Bluetooth 5.1をサポートしている。

 本体サイズは356.8×227.6×20.2mm、重量は約1.7kg。70Wのリチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動時間は約7.5時間と謳われている。

 ハードウェアスペックは1モデルで、オフィスアプリが「Microsoft Office Home and Business 2021」の「X1503ZA-MA331WS」(直販価格18万9800円)、「WPS Office 2 Standard Edition (3製品共通ライセンス付) 」の「X1503ZA-MA331W」(直販価格15万9800円)から選択可能だ。

 スペック上の注意点は生体認証センサーを搭載していないこと。OSにログインする際にはパスワードやPINコードを入力する必要がある。必要ならWindows Hello対応の指紋認証リーダーなどを購入しよう。USBドングル型なら2000円前後から購入可能だ。

本体天面。サイズは356.8×227.6×20.2mm、重量は約1.7kg

本体底面。冷却口からは大型の空冷ファンが見える

ディスプレーは15.6型有機EL(2880×1620ドット、120Hz、グレア、タッチ非対応)

テンキー付きの102キー日本語キーボードを採用

本体前面(上)と本体背面(下)。前面にはディスプレーを開けやすいように凹みが設けられている

右側面(上)には3.5mmコンボジャック×1、USB 3.2 Gen1 Type-C×1、USB 3.2 Gen1 Type-A×2、HDMI×1、電源端子×1、右側面(下)にはUSB 2.0×1を用意

ディスプレーは最大180度まで展開できる。美しい有機ELディスプレーを対面の人と一緒に見ながらPC操作が可能だ

パッケージには本体、ACアダプター、電源ケーブル、説明書類が同梱

ACアダプターのコード長は実測157cm、電源ケーブルの長さは実測89cm

ACアダプターの仕様は入力100-240V~1.5A、出力19V 4.74A、出力90Wだ。

本体の実測重量は1704g

ACアダプターと電源ケーブルの合計重量は実測333g

「HWiNFO64 Pro」で取得したシステムの概要。今回のマシンにはCore i7-12700H/RAM16GB(DDR4-3200)/512GB(PCIe Gen3 x2接続SSD)が搭載されていた

表計算に重宝するテンキー付き
ディスプレーのクオリティーはさすが最高クラス

 Vivobook 15Xはテンキー付きの102キー日本語キーボードを採用。キーピッチは実測19mm前後、キーストロークは実測1.5mm前後。キーボード面は剛性がしっかり確保されているが、タイピングしたときのフィーリングはややバタつく。

 テンキー付きということで、Enterキーとテンキーが密接しているが、Enterキーが大きめなので誤入力はしにくい。ただ「\」キーの幅が狭く、またBackspaceキーと密着しているので、ちょっと慣れが必要だ。

キーピッチは実測19mm前後

キーストロークは実測1.5mm前後

タッチパッドの面積は実測130×74mm

 15.6型有機EL(2880×1620ドット、120Hz、グレア、タッチ非対応)ディスプレーのクオリティーは非常に高い。

 カラーキャリブレーション機器「i1Display Pro」と色度図作成ソフト「ColorAC」で実測したところ、sRGBカバー率は100.0%、AdobeRGBカバー率は96.3%、DCI-P3カバー率は100.0%と広い色域を確認できた。クリエイティブワークで色調整に利用できるだけの広色域を備えている。

15.6型有機EL(2880×1620ドット、120Hz、グレア、タッチ非対応)ディスプレーは高輝度、広色域、広視野角が特徴。画像、映像を鮮やかに表示できる

実測したsRGBカバー率は100.0%、sRGB比は150.9%、AdobeRGBカバー率は96.3%、AdobeRGB比は111.8%、DCI-P3カバー率は100.0%、DCI-P3比は111.2%

有機ELディスプレーの焼き付きなどを軽減するために、画面のピクセルを更新して画質を最適化する「ピクセルリフレッシュ」、静止画像の継続的な表示を防止する「ピクセルシフト」、タスクバーの非表示、タスクバーの半透明効果などの機能が実装されている

 最近のASUSのウェブカメラの画質はレベルが高いが、本製品の92万画素ウェブカメラも室内灯下で明るく、正確な発色で撮影できる。解像度は決して高くないが、ビデオ会議用途であれば実用十分なクオリティーだ。

ウェブカメラは92万画素。プライバシーシャッターでレンズを物理的に閉じることができる

Windows 11の「カメラ」アプリで撮影。デフォルトよりも「HDR pro」を有効にしたほうが暖かな色味で撮影できた

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月