このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第206回

寝ているときにiPhoneの通知やバイブ音がしないようにする方法

2021年05月21日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 寝ているときにiPhoneの通知やバイブの音が聞こえると嫌ですよね。そう感じる人は「おやすみモード」を使ってみましょう。

 同モードの有効時(ONの状態)は基本的に電話やアプリの通知が知らされません。有効にする方法は「おやすみモード」という項目右側のボタンをタップするだけ。「時間指定」をしておけば特定の時間帯にのみ同機能が有効になります。

 ちなみに「iPhoneのロック中は知らせない」という項目をタップしてチェックマークを入れておけば、指定時間内でもiPhoneの画面を見ているときには通知を受け取れます。

 また事前に「繰り返しの着信」を許可しておけば、同一人物から3分以内に2度目の着信があったときに通知されるので、何度も電話をかけてくるような相手からの着信は見逃さないはず。

 このように「おやすみモード」には複数の項目があるので、自分の使用状況に応じて設定項目を見直してみるのも良さそうです。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中