このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第25回

使用感は、まるで「据置型の24インチMacBook」

【レビュー】新iMac、変わったのはデザインだけじゃない!画質・音質の魅力も増した

2021年05月18日 22時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フロント側に高画質1080p FaceTime HDカメラを搭載する

iMacのビジネスユースで良かったポイント

 新しいiMacの軽快さを例えるのに適切な表現かわからないが、筆者はまるで「据置型の24インチMacBook」のようにも感じた。マウスやキーボードがワイヤレスなので置き場所に縛られないぶん、かえってラップトップPCよりもデスクトップのスペースを工夫しながら有効に使えるかもしれない。

 24インチの画面はビデオ会議のアプリを立ち上げて、さらにテキストエディタでメモを取ったり、メールを同時にチェックするマルチタスキングにも十分な広さだと感じた。フロント側1080p FaceTime HDカメラは高性能なM1チップと連携して、複雑な画像合成処理を素速くこなしながら被写体の人物を明るく色鮮やかに撮ってくれる。

 また3基のスタジオグレードのマイクアレイユニットの優れた集音性能より、クリアでにじみのない声が記録できる。別途Macにカメラやマイクを付け足さなくても、ビデオ会議の印象アップにつながる映像と音声をキャプチャできるiMacは、コスパの高さに注目したいリモートワーク用PCでもある。

トップと背面に合計3基のマイクによるアレイユニットを搭載

 新しいiMacは、Touch ID付きMagic Keyboardが選べる。この機能も便利だが、Apple Watchを使ってMacのスリープ解除ができる機能もぜひ使いこなしたい。パスコードロックを解除したApple Watchを身に着けた状態でiMacに近づくと、Touch IDに触れたりキーボードでパスコードを入力しなくても素速くログインができるからだ。

 システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を選択後、「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」に並ぶ、ユーザーのiCloudに登録されているApple Watchの選択をオンにする。この機能を使うためにはMacのWi-Fi機能をオンにする必要もあるのだが、基本はWi-Fiのある自宅に設置して使う据え置きタイプのiMacなら常時オンにして利便性が実感できると思う。

Touch IDを搭載するiMac用キーボードも発売する

Apple WatchのユーザーはiMacのスリープ解除機能を上手に使いたい

 新しいiMacはスリムでカラフルなデザインだけでなく、オーディオ・ビジュアルの再生品質がとても高く、エンターテインメントPCとしても注目に値する。その使いやすさと親しみやすさはiPhone/iPadのそれに大きく近づいたと思う。在宅リモートワークにデスクトップスタイルのMacを積極的に選ぶ人がこれから増えるのではないだろうか。

 

筆者紹介――山本 敦
 オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はITからオーディオ・ビジュアルまで、スマート・エレクトロニクスに精通する。ヘッドホン、イヤホンは毎年300機を超える新製品を体験する。国内外のスタートアップによる製品、サービスの取材、インタビューなども数多く手がける。

 

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中