このページの本文へ

アップルイベント「春の祭典」有識者はこう見た 第3回

「Apple M1」によってMacとiPadのハードウェア的境界がなくなりつつある【ジャイアン鈴木】

2021年04月21日 19時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●飯島恵里子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本時間4月21日午前2時にアップルの製品発表会がオンライン開催されました。ハードウェアとしては新色パープルの「iPhone 12/ 12 mini」、「AirTag」、「Apple TV 4K」、「24インチiMac」、「11インチ/12.9インチiPad Pro」が発表されました。発表会を視聴したあとの筆者の感想は、「Apple M1」によってMacとiPadのハードウェア的境界がなくなりつつあるなということです。

 下に現時点のApple M1搭載機の「最廉価モデル」のスペックをまとめてみましたが、主要パーツであるSoC、メモリ、ストレージの構成はもうほとんど同じ。特に、前世代(第4世代)の12.9インチiPad Proはメモリ容量が6GBだったのに、今回はストレージ128~512GBモデルが8GB、ストレージ1~2TBモデルが16GBも搭載していることには驚きです。「iPadOS」にはオーバースペックな気がしますが、無駄にメモリを搭載する理由はありません。Appleが目指している快適さにこれだけのメモリが必要なのでしょう。

●Apple M1搭載機「最廉価モデル」のスペックを比較

※MacBook Airと24インチiMacには8コアGPU版Apple M1搭載モデルを用意
※8コアGPU版Apple M1搭載24インチiMacの最大ストレージ容量は2TB
※8コアGPU版Apple M1搭載24インチiMacにはインターフェイスにUSB-C×2、有線LAN×1も搭載
※24インチiMacにはVESAマウントアダプタ搭載モデルを用意
※24インチiMacの最大価格は現時点で不明ですが、MacBook Airの価格差がそのまま当てはまれば「27万300円」前後と思われます
※iPad ProにはミニLED搭載ディスプレイを採用した12.9インチ版を用意
※12.9インチiPad Pro用Magic Keyboardは4万1580円、Apple Pencilは1万5950円

 また、iPad Proは12.9インチ/2TBストレージ/Wi-Fi+Cellularという構成を選択すると、現時点のApple M1搭載機のなかで最も高価なデバイスです。5G対応、カメラの数、ミニLED搭載ディスプレイを考慮すれば納得感はありますが、Magic Keyboardに4万1580円、Apple Pencilに1万5950円も別途かかるので、価格においては間違いなくApple M1搭載機のフラッグシップです。

 それだけ高価なのですから、Apple M1搭載MacでiOS用アプリが動作するのと同じように、Apple M1搭載iPad ProでもmacOSはともかくとして、せめてmacOS用アプリが動く仕組みを導入してほしいなと思います。

 さて、MacとiPadのハードウェア的境界がなくなり、Appleシリコンがたくさん製造されることで、原価は安くなります。また基本構成のパーツを共通化すれば、新ハードを作る際の開発コストも削減できるでしょう。24インチiMacの7色のカラーラインナップにも非常に惹かれましたが、製品カテゴリーにおいてもバリエーションを増やしてほしいですね。Apple M1搭載iPad Proのメインボードを流用すれば、UMPCなんてカンタンに作れるはず!

 まあUMPCは正直期待薄ですが、24インチiMacがガラリとデザインを変えてきたので、今後発売されるAppleシリコン搭載製品にも大いに期待できると思います。

 

筆者紹介――ジャイアン鈴木氏
 EYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターとして活動を開始した。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中