前へ 1 2 3 4 次へ

Intel MacとM1 Macで内蔵SSDやThunderbolt 3の転送速度に差があるかを検証してみた

文●平澤寿康 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2020年のApple最大の話題といえば、なんと言ってもApple独自開発CPUの「Apple Silicon」を搭載するMacの発売だろう。2020年11月に、Apple Silicon第1世代モデル「Apple M1」搭載製品が発売となったが、その中でも特に人気となっているのが「MacBook Air」だ。

 Intel製CPU搭載のMacBook Airと比べて、CPU性能の高さやバッテリー駆動時間の長さなどが大きく進化しており、発売直後から鉄板モバイルノートPCとして人気を博している。

 そんなM1 MacBook Airだが、外付けSSDを利用する場合の性能はどうなっているのだろうか。SamsungのSSDを使って性能をチェックしてみた。

Intel MacとM1 Macに外付けSSDとRAIDボックスを接続し速度を比較してみた

内蔵SSDはIntel MacBook Airから大幅に速度が向上

 まずはじめに、内蔵SSDの速度をチェックしてみた。今回のテストで用意したのは、M1搭載MacBook Air(以下、M1 MacBook Air)と、第10世代Core i5搭載MacBook Air Early 2020モデル(以下、Intel MacBook Air)の2機種。内蔵ストレージは、いずれも容量256GBのSSDを搭載しており、OSは双方とも計測時点では最新の「macOS Big Sur 11.2.1」にアップデートした状態だ。

 Appleは、M1 MacBook Airにおいて、内蔵ストレージの速度がIntel MacBook Airから2倍に高速化したと説明している。確かに、Intel MacBook Airは内蔵SSDの速度が遅いと言われることが多い。

 そして、実際にAJA Video Systemsのベンチマークアプリ「AJA System Test Lite」を利用して内蔵SSDの速度をテストしてみたところ、Intel MacBook Airではリードが939MB/Sec、ライトが1241MB/Secと、PCIe接続のSSDとしてかなり遅い部類と言ってもいい速度が記録された。しかも、通常ならライトよりもリードのほうが高速な場合が多い中、今回のテスト機材ではリードがライトよりも遅かった。

 今回利用したIntel MacBook Airは、登場直後にASCII.jp編集部が購入したものだが、酷使することなく保管していたことや、空き容量も175GBと十分だったことから、SSD自体の劣化で速度が遅くなっていたということは考えにくく、これが本来の性能だと考えられる。

Intel MacBook Airの内蔵SSDのテスト結果。リードが939MB/Sec、ライトが1241MB/Secと、かなり遅かった

 それに対しM1 MacBook Airでは、リードが2808MB/Sec、ライトが2010MB/Secを記録した。ライトに関しては、Appleが言う2倍の速度には届いていないが、リードは3倍近くとなっている。この結果からも、M1 MacBook AirはIntel MacBook Airよりも内蔵SSDが大幅に高速化されているのは間違いないことが確認できた。

M1 MacBook Airの内蔵SSDのテスト結果。こちらはリードが2808MB/Sec、ライトが2010MB/Secと、Appleが言うように従来モデルから大幅に高速化されていることがわかる

前へ 1 2 3 4 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月