このページの本文へ

富士通、サブスクリプション型のサーバー・ストレージ・運用サービス販売

2020年12月24日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は12月24日、「FUJITSU Hybrid IT Service」にて、サーバー・ストレージの運用やサービスを利用期間や利用量に応じた料金で提供するサブスクリプション型のサービスとして販売開始すると発表した。

 サーバー「PRIMERGY」やストレージ「ETERNUS」などのハードウェアや利用者ごとにカスタマイズ提供してきた各種運用サービスをサブスクリプション型のサービスとして提供することにより、リソースやコストを最適化した柔軟なハイブリッドITサービスを実現できるとしている。

 運用サービスに関しては、同社の運用実績や長年の知見に基づいた運用項目を集約。仕様と価格を明示したプレフィックス型のメニューとして提供。ユーザー自身が選択して導入することが可能となる。

 2020年度第4四半期より、同社販売サイト「FUJITSU Marketplace」にて順次購入可能となる。

サブスクリプション型で提供する主な製品・サービス

「プレフィックス型運用サービス」の各種メニュー

カテゴリートップへ

ピックアップ