Dropbox、テレワークに便利な新機能を搭載した「Dropbox Spaces 2.0」発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Dropbox Spaces 2.0はアクセス権をリクエストページ

 Dropbox Japanは11月18日、テレワークをサポートする「Dropbox Spaces 2.0」などを発表した。

 パンデミックを受けてテレワークが進むなか、より生産性を高める機能を追加したという。

 「Dropbox Spaces 2.0」は従来の「Dropbox Spaces」に新機能を追加し、人気の高い共同作業機能を集約。コンテンツやタイムライン、プロジェクトタスクを集約した「プロジェクトSpace」に加え、タスク、コンテンツ、ミーティング情報、各種情報のアップデートといった情報を共有しやすくしている。

 Dropbox Spaces 2.0はプライベートベータ版として公開。利用にはアクセス権をリクエストする。

Dropbox Businessには各種のアプリのほかアクティビティーなどの機能が追加

 また、「Dropbox Business」にはDropbox App Centerに 30を超える新しいアプリが追加されたほか、共有したデータへのアクセス状況の追跡、共有フォルダのアクティビティー把握、自動バックアップ、利用者全員のパスワード保管(β版)などの機能が追加されている。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月