このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第110回

アップル新型iPhone 10月20日までには発表か

2020年08月18日 09時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップル2020年第3四半期決算の電話会議で、Luca Maestri CFOは、2020年モデルのiPhoneが数週間遅れることを認めました。

 昨年は9月下旬にiPhoneを発売しましたが、今年は数週間後に発売できると予測しています。

 2020年モデルのiPhoneは「iPhone 12」という名称になるとみられており、5.3インチ、6インチ、6.5インチの3サイズ構成、そして5Gモデルは4Gモデルに遅れて発売されるとみられています。

●Qualcommの決算発表からも推測

 すでにアナリストによって、iPhoneの遅れが指摘されていましたが、アップルが認める以前に、Qualcommの決算発表からも推測されていました。

 ロイターによると、Qualcommは2020年第4四半期決算の見通しで、「世界的な5Gフラッグシップスマートフォン発売の遅れの影響を受ける可能性がある」と指摘したのです。

 この「世界的な5Gフラッグシップスマートフォン」こそ、5G対応を果たすiPhoneではないかと考えられています。

 アップルはこれまでIntel製のモデムを採用してきました。Qualcommとの間で係争があり、関係が悪化していたことが背景にありました。しかし2019年にQualcommと和解し、6年以上にわたるモデム供給の契約を結びます。こうして、iPhoneはQualcommによって、5G対応への道筋をつけることになります。採用されるチップはSnapdragon X55になるとみられます。

 このSnapdragon X55は、同一のチップで世界中の5G/4Gをサポートするモデムであり、5Gもミリ波とサブ6の双方をサポートし、最高速度は5Gで7Gbps、4Gで2.5Gbpsに達します。世界各国で単一モデルを販売するiPhoneにとっても最適な選択肢というわけです。

 ちなみに、例年であれば3月に発売されていたiPhone SEが4月にずれ込んでいたことからも、iPhone 12の遅れは予測でき、その幅は1ヵ月程度になるのではないかと考えることができます。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中