このページの本文へ

職場でも自宅でもスムーズな仕事環境を構築

Dropbox Plus/Professionalに作業を効率化する新機能追加

2020年08月17日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホとPC間はもちろん、WindowsとMac間でもスムーズな共有が可能に

 Dropbox Japanは8月17日、「Dropbox Plus」および「Dropbox Professional」ユーザー向けに、プライベートと仕事の別を問わず作業を円滑に進められる新機能の提供開始を発表した。

 Dropbox Plus向けの新機能は3種類あり、いずれもアカウントやファイルを一括で整理することを目的とした内容となっている。

 「Dropbox Passwords」ではパスワードの一括保存によってウェブサイトやアプリにシームレスにログインを行い、Windows/Mac/iOS/Androidデバイス間でのパスワード同期が可能となる。

 ほか、「Dropbox Vault」はユーザーの指定する最重要ドキュメントの保護・アクセス制限を行う機能、「パソコンのバックアップ」はMacやWindowsのフォルダをDropboxと同期し、どこからでもアクセス・復元が可能な機能となっている。これらの機能のうち、パソコンのバックアップ機能のみ、Dropbox ProfessionalおよびDropbox Basicでも利用可能となる。

「ブランド共有機能」で共有リンクに追加情報を付与した際のイメージ

 Dropbox Professional向けの新機能「ブランド共有機能」では、ファイルの共有リンクをカスタマイズする事で受信者側の通知メール内でロゴ・会社名・背景画像を追加表示させられるようになり、自社ブランドの印象付けが可能になるという。

 更に、「トラフィックとインサイト機能」では共有したリンクが「いつ・誰が・どこからアクセス、表示/ダウンロードしたか」の情報が取得でき、重要な添付ファイルが相手に届いているかどうかをいつでも簡単に確認可能となる。

 なお、これらの2機能は現在はDropbox Professionalのみの利用となっているが、近日中に「Dropbox Business」のユーザーにも提供される予定となっている。

 また、Dropboxはビジネス向けの新機能として、Zoom、Slack、Google、LINE WORKS といった Dropbox パートナーのツールを利用して接続する、一元管理機能「Dropbox App Center」もベータ版として一部のユーザーに公開しており、今後、パートナーが増える予定となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ