このページの本文へ

外でネットに繋ぐなら、VPNを検討するべき!

2020年07月03日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

働き方が変われば、それを狙ったリスクも知るべき

 大きく仕事のあり方が変わりつつある昨今。延期になったとはいえ、東京は世界的なスポーツイベントを控えていただけあり、カフェや飲食店などで無料Wi-Fiスポットの整備が進んでいる。

 国内では、これからもその流れが続いていきそうだ。それを利用して、社外で仕事をしている人も少なくない。働き方改革の推進に伴い、多種多様なワークスタイルが普及しつつあることも追い風になっている。

 また、通信制限を気にする人も多い中、無料Wi-Fiスポットは、外出中のビジネスマンはもちろん、観光客にとっても便利に使える存在といえる。

 そのような環境では、無料Wi-Fiスポットをターゲットにしたサイバー犯罪のリスクも考えなくてはいけない。保護されていないWi-Fiスポットは、とても危険なものだ。

 多くのWi-Fiスポットにはセキュリティがかけられており、通常はパスワード(暗号化キー)入力などが必要となっている。逆に、暗号化キーなしの無料Wi-Fiスポットは、使わないほうがよい。

 クレジットカード情報などを含む個人情報を盗み取るため、意図的にセキュリティをかけずに解放されている可能性がある。それらのWi-Fiスポットを利用して、ECサイトで決済をしたり、オンラインバンキングを使ったりした結果、個人情報が盗まれ、クリティカルな被害を受ける可能性もあるのだ。

VPNの有用性を知ろう

 しかし、暗号化キーがあれば安心というわけでもない。カフェなどの無料Wi-Fiスポットでは、暗号化キーが店内などに掲示されているケースがある。悪意のある人間が、特殊なツールを使って、同じ暗号化キーを使っているユーザーのWi-Fiを盗聴するようなおそれもある。

 まったく同じSSIDが複数存在する無料Wi-Fiスポットも、利用を控えたい。店舗などが提供しているものに似せた、成りすましのWi-Fiスポットかもしれないのだ。同一のSSID(接続先となるアクセスポイント名)や、「coffeeshops」など、本物と間違えやすいSSIDを設定し、誤認を誘う手口が報告されている。

 そこで、仮想プライベート ネットワーク(VPN)を使えば、公衆Wi-Fiネットワーク上のデータのセキュリティと暗号化を強化できる。

 VPNを利用している人でも、あくまで業務の都合で、家だけで使っているケースが多いかもしれない。しかし、最近のVPNサービスは、会社で使用するようなものではなくて、スマートフォンやコンシューマーレベルのものであればシンプルに使えるので、ぜひ導入を検討してほしい。

 たとえばマカフィーではVPNサービス「McAfee Safe Connect」を提供しており、外出先ではこのようなサービスを利用するのは、セキュリティの観点から有効だ。

 テレワークや在宅作業の概念が広がってきた現在だからこそ、VPNのッ有用性を知っておきたい。McAfee Blogの「安全な接続のために個人向けVPNを使用するメリット」を紹介しよう。(せきゅラボ)

※以下はMcAfee Blogからの転載となります。

安全な接続のために個人向けVPNを使用するメリット
:McAfee Blog

デジタルライフを保護

 在宅勤務の最近の急増は、企業のVPN(virtual private network:仮想プライベートネットワーク)利用が増加しそのための対応という負担を伴っているという話を耳にしています。業務でVPN接続を行う従業員はますます増えており、これらの保護されたネットワークを使用して機密文書やサイトにアクセスしています。企業にとって、これらのVPNは単に業務データへアクセスするためのトンネルという位置づけですが、個人向けVPNの利点はどうでしょうか?VPNとはどういうものか、またなぜそれを使用するのかについてお伝えします。

データを暗号化

 強力なパスワードが設定されたホームネットワークは、デジタルの安全性のための優れた基盤を確立するのに役立ちますが、より多くのデバイスを接続する(そしておそらく長期間接続されたままになる)ようになったため、追加のプライバシー強化を検討する必要があります。 授業やオンラインゲームをする子供でも、 用事をリモートで実行しようとしている大人でも、マカフィーはデジタルライフの保護をサポートしたいと考えています。

 基本的に、企業向けのVPNと個人向けVPNの技術や機能は同じです。インターネットに接続すると、データが暗号化(またはスクランブル)され 、資格情報と履歴が保護された状態での閲覧や振り込み作業が可能になります。たとえWebトラフィックを傍受しようとする悪意のある攻撃者がいても、VPNの暗号化機能により、文字化けしたコンテンツしか見ることができません。

VPNの必要性

 屋外で過ごす時間を制限することで、常時オンライン接続が新たな標準になりつつあります。また、オンラインのデバイスの数が増えると、脅威の数も増加します。

 多くの小売業者が物理的な店舗の営業をやめたり、完全に閉鎖したりすることで、そのようなサービスは、好むと好まざるとに関わらず、オンラインに移行しました。今回お伝えするVPNの利用に関するヒントとコツを参考に、この変化する新しい日常生活の中で安全に接続する方法を掴みましょう。

 古典的なサイバー攻撃の1つは「中間者攻撃(man-in-the-middle attack)」で、特にカフェなどの公衆Wi-Fi接続やアパートの建物でのオープンWi-Fi接続が普及している場所で流行しています。悪意のある攻撃者は、弱いネットワークセキュリティを利用して、銀行のログイン認証情報やクレジットカード情報などの機密情報を傍受して読み取ります。金融機関レベルの暗号化を備えた強力なVPNは、この攻撃を役に立たなくし、機密データをのぞき見から守ります。

VPN製品の選択について

 すべてのVPNが同じような機能を持っているわけではありません。選択したサービスがご自身のニーズを満たしていることを確認してください。

ブラウザvsデスクトップ/モバイル

 ブラウザレベルのVPNは拡張機能として機能し、VPNがインストールされている特定のブラウザ上のWebトラフィックのみを保護します。このプライバシーの程度は一部のユーザーには有効ですが、McAfee®Safe ConnectなどのデバイスレベルのVPNは、選択したブラウザーやアプリケーションに関係なく、一般にWebトラフィックの保護に役立ちます。

セキュリティのレベル

 信頼できるゲートウェイとして使用するサービスを決定する前に、各サービスのプライバシー条件を確認することが重要です。一部のVPNサービス、特に無料のサービスは、人口統計、場所、システム情報を記録するトラッカーを実装しています。これらのプライバシーの主張を検証するために、サードパーティのセキュリティ監査を参照することもできます。

帯域幅

 VPNの使用量に応じて、データプランが制限されているサービスまたは無制限のサービスを検討できます。ストリーミングビデオや大きなファイルのアップロードなどのマルチメディアの利用を計画している場合は、無制限のプランが適しています。

多用な接続先

 一般的な使用では、VPNを最も近くて最速のサーバーに接続することをお勧めします。ただし、選択できるリストが多様であれば、接続しているサーバーが遅い場合に柔軟性が向上します。

使いやすさ

 最終的には、使いやすくわかりやすいVPNを選択する必要があります。 私たちは皆、技術的に快適なさまざまな場所からデジタルの旅に乗り出しますが、合理化されたシンプルなエクスペリエンスを提供する製品から始めることを検討してください。

 VPNの詳細については、こちらをご覧ください。または、AndroidとiOS向けのVPNについてもご確認ください。

※本ページの内容は2020年4月24日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:Connect With Confidence: Benefits of Using a Personal VPN
著者:McAfee

※本記事はアスキーとマカフィーのコラボレーションサイト「せきゅラボ」への掲載用に過去のMcAfee Blogの人気エントリーを編集して紹介する記事です。

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィーは大切なものを守ります。


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる