VAIOのPC事業で培った高度な設計技術などをドローンに活用

VAIO子会社VFR、ACSLと用途別産業用ドローンの共同開発に向け協業

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VFRは5月11日、自律制御システム研究所(ACSL)と日本国内市場向けの用途別産業用ドローンの機体開発で協業を発表した。

 VFRはドローンによる社会インフラの革新を推進・加速する機体およびコンポーネントの開発、ソリューションの提供を目的に2020年3月に設立。親会社であるVAIOのPC事業で培った高度な設計・製造技術や国内外のサプライチェーンのマネジメント能力などの強みを活かし、多様な関係者とのオープンな共創を通じて、ドローンの可能性を拡張、発展させていくことを目指している。

 ACSLは、高い画像処理・AI技術による最先端の自律制御システムを持ち、高性能なドローンの開発から販売までを担う国内のドローン業界を牽引する企業。

 国内における産業用ドローンの本格的な普及には、用途別に性能・機能が最適化された社会実装可能な量産機体およびソリューションの開発が急務であるという課題意識を持ち、両社の知見や技術的な強みを掛け合わせることでその解決により大きく貢献できるとして協業に至ったとしている。

 協業内容としては、VFRのコンピューティング技術・ロボティクス技術とACSLの機体開発技術・自律制御技術を活用してACSLの既存機体(PF-2、MINIなど)のアップデート並びに用途別に最適化した新機体を共同開発し、2021年以降の順次導入を目指す。また、機体開発にとどまらず、高度な産業用ソリューションを開発していくことも視野に入れ、共同での調査・検討を開始するとしている。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月