このページの本文へ

楽天モバイルが4月サービス開始に向けて準備を進める

2020年01月23日 17時20分更新

文● スピーディー末岡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天モバイルは今日23日、2019年10月から実施している「無料サポータープログラム」を、最大2万人が対象の二次募集を開始すると発表し、さらに直営店の恵比寿店(東京)をオープンさせた。4月に予定しているキャリアとしてのサービスイン前に、さらにテスターを増やして多くのフィードバックを集める狙いだ。

世界で注目を浴び、エリアも拡充していが
料金プランには触れられず

 プレゼンテーションに登壇した山田善久代表取締役社長によると、「世界初の完全仮想化 クラウドネットワークは世界中から注目を浴びて、海外からの問い合わせが多くて驚いた」とのこと。無料サポータープログラムは、携帯キャリア事業社としてサービスを開始する前に、約5000人を対象に音声やデータ通信サービスを無償で提供し、参加者の声をフィードバックするもの。寄せられた反響を元にサービスエリアの拡充や通信環境の改善を行なってきた。現在、屋外基地局(4G)の開設数は1月現在までに3020局で3月までには4400局と「当初の計画だった3432局を大きく上回る」と山田社長は自信を見せた。

楽天モバイル 代表取締役社長 山田善久氏

このシステムが世界から注目を集めたという

 なお、二次募集では一次募集で落選した人を優先して当選させるとのことなので、惜しくも外れてしまった人はこの機会に申し込んでみては。

応募要項。一次募集で落ちた人は再度挑戦すべし!

東京・恵比寿に直営店がオープン!

 そしてクリエイティブデザイナーの佐藤可士和氏が監修した新デザインの楽天モバイルショップ「楽天モバイル 恵比寿店」が今日からオープン。スマホの店頭契約だけでなく、同社初のオリジナルスマホ「Rakuten Mini」の店頭先行販売を開始する。

 また、通常は店頭での契約に90~140分程度かかっていたが、楽天IDと連携させるなど手続きをシンプル化して、楽天MNOの契約は最短18分を予定している。店舗では全機種がタッチ&トライできるほか、より端末の魅力を知ってもらうためにワイヤーなどの防犯器具をなくしたワイヤレス展示をする。盗難の被害が心配だが「特殊なアプリがインストールされており、それで監視しているので大丈夫です」とショップ関係者。

端末はワイヤレスで展示

 第4のキャリアとして、ついに4月に本格サービス提供開始と謳ったわけだが、サービスエリアは少し拡大された程度だし、料金プランも発表されていないし、そもそも「4月1日に始めるかどうかは未定」と山田社長。まだ先は長そうだが、着実に商用化開始に向かって整備が進んでいる。サービスインの日を楽しみに待ちたい。

楽天モバイルオリジナルスマホ
「Rakuten Mini」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン