このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone 11、ASCII徹底大特集! 第98回

iPhone 11に買い替え時の料金&端末価格まとめ【au編】

2019年09月29日 12時00分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

au「アップデートプログラムEX」は48回払いで最大24回免除
端末代金は半分も、プログラム利用料の支払いがある

 ここからは、auでiPhone 11を購入した場合の価格や販売方式について紹介しよう。一括価格、支払総額で比較すると、SIMフリー版よりも約8000~1万円強高い設定となっている。そして、分割購入時は48回払いが原則で、「アップデートプログラムEX」(10月からはDX)というプログラムに加入が可能だ(一括払い時は不可)。なお、後述する理由から、このプログラムは今後変更が加わる可能性が高いが、記事掲載時点での情報として紹介する。

(8%税込) iPhone 11の端末代金
64GB 128GB 256GB
一括購入時 8万8992円 9万4608円 10万7424円
48回分割時 1854円×48回 1971円×48回 2238円×48回
プログラム利用時
の負担額
5万3856円 5万6664円 6万3072円
SIMフリー 8万784円 8万6184円 9万8064円
(8%税込) iPhone 11 Proの端末代金
64GB 256GB 512GB
一括購入時 12万4992円 14万1984円 16万7472円
48回分割時 2604円×48回 2958円×48回 3489円×48回
プログラム利用時
の負担額
7万1856円 8万352円 9万3096円
SIMフリー 11万5344円 13万2624円 15万6384円
(8%税込) iPhone 11 Pro Maxの端末代金
64GB 256GB 512GB
一括購入時 13万7808円 15万6096円 18万1584円
48回分割時 2871円×48回 3252円×48回 3783円×48回
プログラム利用時
の負担額
7万8264円 8万7408円 10万152円
SIMフリー 12万9384円 14万6664円 17万424円

 「アップデートプログラムEX」は、48回払いのうち、24回分の支払い後に、それまで使っていたiPhoneを返却することで、最大残り24回分の支払いが免除される。これをもって、auでは「機種代金最大半額」という表現が用いられていた(順次使われなくなっているようだ)。

iPhone 11発売時にauサイト上で掲載されていた「アップグレードプログラムEX」の説明図。今は「機種代金半額!」の部分が削られている

 とはいえ、iPhoneを返却が条件ということは、実際は端末の下取りと同じ。また、このプログラムを利用するには「プログラム料」として、390円×24回(=9360円)の支払いが必要。つまり純粋な負担額では半額にはならない(上記表の「プログラム利用時の負担額」はこのプログラム料を加えている)。この点が消費者庁から「誤解を生む」と指摘されて、表現や内容そのものの見直しの可能性が生じているわけだ。また、特典利用の条件として、再度auから対象端末の購入が必要というものもある。つまり基本的には、ずっとauを使い続けるユーザーのためのプログラムと言える。

 また、あらかじめアップデートプログラムなどに加入していなくても、auからのiPhone購入時は(機種変更、新規契約とも)、それまで使っていたiPhoneの「下取りプログラム」がある。ただ良品でもiPhone XS(64GB)が4万8060円、iPhone XR(64GB)が3万240円など、ドコモと比較するとやや渋め。ただし、付属品などが揃っていなくても可能なので、下取り専門店などと比較してから決めたい。

auでiPhone購入時に旧iPhoneを下取りしてくれるサービスが用意されている

 いずれにしても、現在ではauを含めたキャリアからiPhone 11を購入するメリットは、「端末代金を携帯料金と一緒に分割で払える」「キャリアショップでサポートを受けられる」など、限られたものになりつつある。端末購入と料金が別の“分離プラン”になった今、Apple StoreからのSIMフリー版の購入も検討したいところだ(Apple Storeでもショッピングローンによる分割払いや旧iPhoneの下取りは可能)。

iPhone 11はApple StoreからSIMフリー版を購入するという選択肢もある


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中