このページの本文へ

iPhone 11、ASCII徹底大特集!第88回

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro Max」写真作例を改めてチェック!

2019年09月25日 19時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが9月20日に発売した「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」。購入するか迷っている人も多いかと思います。今回は改めてiPhone 11とiPhone 11 Pro Max、それぞれの作例を確認していきましょう。

 まずは、iPhone 11から。iPhone 11は、広角の12メガ(35mm換算26mm、F1.8)と、超広角の12メガ(35mm換算13mm、F2.4)のデュアルカメラを採用しています。

iPhone 11(広角)
iPhone 11(超広角)
iPhone 11(広角)
iPhone 11(超広角)

 次は、iPhone 11 Pro Max。iPhone 11 Pro Maxは、広角の12メガ(35mm換算26mm、F1.8)と、望遠の12メガ(35mm換算52mm、F2.0)、超広角の12メガ(35mm換算13mm、F2.4)のトリプルカメラを搭載しています。

iPhone 11 Pro Max(広角)
iPhone 11 Pro Max(望遠)
iPhone 11 Pro Max(超広角)
iPhone 11 Pro Max(広角)
iPhone 11 Pro Max(望遠)
iPhone 11 Pro Max(超広角)

 iPhone 11とiPhone 11 Pro Maxともに、超広角はダイナミックな印象になりました。これまでパノラマモードで撮らざるを得なかった風景も、しっかり収められます。旅行やお出かけの際に大活躍しそうです。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中