このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Eクーポンで半額に近い10万円台に!第2世代Ryzen PRO搭載した「ThinkPad X395」の実力とは?

2019年09月10日 13時00分更新

文● 藤田忠 編集● ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUのシェアを着々と増やしているAMD。ビジネスシーンでの使いやすさに定評のあるレノボも、昨年AMD Ryzen PRO Mobile(以下 Ryzen PRO)を搭載した14型の「ThinkPad A485」や、12.5型の「ThinkPad A285」を投入しているが、春モデルでは最新の第2世代Ryzen PROを採用した13.3型モバイルノート「ThinkPad X395」を新たに用意している。

 ビジネスシーンに最適なサイズ感やレノボが培ってきた良好な使い勝手を備える「ThinkPad X395」を触る機会を得られたので、いろいろと試してみた。

CPUにRyzen PRO 7/5/3を搭載する13.3型モバイルノートPC「ThinkPad X395」

「ThinkPad X395」は、13.3型液晶ディスプレーを搭載したインテルCPU採用の「ThinkPad X390」と同じ筐体を採用しつつ、CPUをRyzen PROに変更したモデルになる。

 CPUはRyzen 7/5/3 PROから選択可能。メモリーは最大16GB、ストレージ容量最大1TB SSD(256GBはSATAまたは、NVMeを選択可能)。液晶ディスプレーは13.3型で、フルHD解像度のIPSパネルとHD解像度のTNパネルを選べ、サイズは約 幅312×奥行き217.2×高さ16.9mm、重量は約1.28kgからになっている。

 今回触った「ThinkPad X395」は、販売価格が20万7360円だがEクーポンを使うことで、300台限定で半額近い10万9901円(送料込み)で購入できる「ThinkPad X395:パフォーマンス」に近い構成のデモ機。CPUが4コア8スレッドの「Ryzen 5 PRO 3500U」でメモリーは8GB、13.3型フルHD液晶ディスプレーなどを備えるが、SSDだけはNVMeではなくSATA3接続だったので、ストレージの速度に関してはカスタマイズできるSATA3接続のSSDの参考値として考えて欲しい。

今回使用した「ThinkPad X395」スペック
液晶ディスプレー 13.3インチ(1920×1080ドット、IPSパネル、光沢なし)
CPU AMD「Ryzen 5 PRO 3500U」(4コア/8スレッド、2.1GHz〜3.7GHz)
メモリー 8GB(DDR4-2666、最大16GB)
ストレージ 256GB SSD(NVMe)
無線通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5
WEBカメラ 720p HDカメラ
バッテリー駆動時間 最大約14.4時間
インターフェース USB Type-C×2、USB 3.1×2、HDMI、microSDスロット、マイク入力/ヘッドフォン入力、ギガビットLAN
サイズ/重量 約 幅311.9×奥行き217.2×高さ16.9mm、重量約1.28kg〜
OS Windows 10 Home 64bit(1803)
原稿執筆時点では、半額近くになるキャンペーンを実施中だった。

前へ 1 2 3 4 次へ