このページの本文へ

すいか果汁を34%使用:

セブン「まるですいかを冷凍したような食感のアイスバー」

2019年07月17日 13時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セブン&アイ・ホールディングスは「セブンプレミアム まるですいかを冷凍したような食感の アイスバー」を全国のセブン‐イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループ各店で7月16日から順実発売します(沖縄県は23日から)。価格は138円。

 冷凍した果実をそのまま食べているような食感が人気の“まるで”シリーズより、夏の定番「すいか」が初めて登場。すいか果汁を34%加えつつ、砂糖や原材料の配合を工夫することで、すいか特有のシャキシャキとした食感を実現したとうたいます。

 赤い実と緑色の皮を表現し、まるですいかのような見た目になっているのも特徴。すいかといえばロッテアイスより販売されているアイスキャンディー「スイカバー」がありますが、「まるで○○を冷凍したような」シリーズらしい、果実本来の甘さを感じられる仕立てでどのように差をつけているのか。注目です。

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!