このページの本文へ

2015年9月~2017年2月に販売された15インチのMacBook Pro

旧MacBook Proバッテリー過熱でアップルが自主回収

2019年06月21日 03時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

該当するユニットは2015年9月~2017年2月に販売された15インチのMacBook Pro

 アップルは6月20日、旧世代の15インチ MacBook Proに搭載されたバッテリーが過熱し、安全面のリスクをもたらす恐れがあるため、該当するユニットを自主回収することを発表した。

 該当するユニットは主に2015年9月~2017年2月に販売された製品で、アップルの自主回収プログラムページ「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」にて製品のシリアル番号を入力することで確認することができる。

 なお、上記以外の15インチMacBook Proとその他のMacBookは、今回の自主回収には含まれない。

 シリアル番号は、Macが稼働している状態で画面の左上にあるAppleメニュー()から「このMacについて」を選ぶと表示される、ダイアログに記載されている。

 ダイアログに「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」と表記されていた場合、シリアル番号をバッテリー自主回収プログラムページで入力する。そのほかバッテリーを無償交換するための手続きなど、詳細はリコールプログラムページに記載されている。


6月21日9:30 記事更新
バッテリー自主回収プログラムページのリンク先をUSから、日本に変更しました。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中