このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

iPadは今後どのような進化を遂げるのか?

なんでもできる新iPadOS、iPhoneから独立したiPadはMacを救うか

2019年06月06日 08時00分更新

文● 篠原修司 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
発表されたiPadOS

 ついにiPadがiPhoneから独立した。アップルの年次開発者会議「WWDC19」での発表を見て、多くの人がそう思ったのではないだろうか。

 アップルは日本時間6月4日午前2時より開催した基調講演にて、tvos 13、watchOS 6、iOS 13、iPadOS、Mac Pro、macOS Catalina、そしてSwiftUIなどの開発者向けツールを発表した。

 WWDC前にアップデートしたMacBook ProやiPod touch(第7世代)が発表され、「ないだろう」と思われていたハードウェアが登場したことには驚かされたが、やはり一番の注目はiPadOSだ。

iPhoneから独り立ちしたiPad

 iPadOSの登場は、iPadは今後、iPhoneとは別の道を歩むというアップルからのメッセージに思える。

 誤解を恐れずに言えば、iPadはこれまで大きなiPhoneにすぎなかった。

 もちろん複数のアプリが使えるSlide Over(スライドオーバー)やSplit View(スプリットビュー)、そしてApple Pencilなど、iPadでしかできないことはあった。しかし、それらはすべてiOSの延長線上でしかなかった。

 iPadはあくまでもiOS端末であり、画面が大きいからiPhoneよりも少しできることが多いだけだった。

 そんなiPadが、ついにiPadOSという独自のOSを持つ。iPadは、iPhoneという縛りから抜け出したのだ。

前へ 1 2 3 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中