このページの本文へ

4月4日「無印良品 銀座」にて先行発売:

無印良品「溶けにくいアイス」常温30分でも型崩れなし

2019年04月02日 15時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 良品計画は「溶けにくいアイス ピーチ&パイン」「同 マンゴー&キウイ」を、4月4日から「無印良品 銀座」にて先行発売します。価格はいずれも190円。4月27日から、無印良品の限定60店舗でも発売します。

 「溶けにくいアイス」は、常温でおよそ30分前後、型くずれしないとうたうアイスです。ピーチ&パイン、マンゴー&キウイのピューレを練り込んでいます。

 通常、アイスは牛乳やクリームの油脂分、氷の粒、空気の泡の3つから構成されています。そのため、温度が上がると氷の結晶が溶けて水になり、合わせて空気の泡もつぶれ、油脂分も一緒に溶けることで、全体がくずれてしまいます。

 一方、溶けにくいアイスは、いちごから抽出したポリフェノールを氷の結晶が作られる前に配合。水分と油脂分とを橋渡しして、水分と空気の小さい泡を油脂が膜状に取り囲む状態になります。この状態で凍らせることによって、温度が上がっても水は油脂分に取り囲まれているので離水せず、時間が経っても型くずれしないとのこと。

 あたたかくなってくる時期にぴったりといえるアイスですが、はたしてどれほど“溶けにくい”のか? たしかめてみるのも楽しそうです。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!