このページの本文へ

アメリカ大企業にGDPR違反の巨額制裁金が課された初のケース

グーグル、GDPR違反で約62億円の罰金を科される

2019年02月15日 16時40分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フランスのデータ保護当局CNIL(情報処理と自由に関する国家委員会)は1月21日、グーグルにEUの一般データ保護規則(GDPR)に基づき、5000万ユーロ(約62億円)の制裁金の支払いを命じた。

 CNILのウェブサイトによると、透明性の欠如、不十分な情報提供、広告のパーソナライズに関する有効な同意の不足などが違反理由だという。今回はアメリカ大企業にGDPR違反の巨額制裁金が課された初の事例。

 GDPRは2016年4月に制定され、2018年5月25日から施行されている規則。この規則では、サイト利用者の個人情報を収集する場合、広告展開が目的でも利用者の同意を義務づけている。今後の動向にも注目が集まる。

カテゴリートップへ

Planetway Story

製品別検索

PlanetCross

PlanetID

事業別検索

PlanetGUARDIANS

PlanetECO