前へ 1 2 3 4 5 次へ

第15回 WindowsやPS4でSSD速度検証!

PS4 Proを1TB SSDに換装!「860 EVO」で劇的に高速化した話

文●飯島範久 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PS4用ゲームはアップデートで容量倍化!!

 PlayStation 4(以下、PS4)は今年の7月、世界累計実売台数が8120万台を突破した。発売から約5年、PlayStation 4 Pro(以下、PS4 Pro)も発売から約2年経つが、まだまだ人気が衰えることはない。大型ゲームも続々と発売されており、ゲーム三昧な日々を過ごしている人も多いことだろう。

 発売当初はディスクで購入する人が多かったかもしれないが、いまはダウンロード購入が当たり前。ディクスの入れ替えは不要だし、絶えずゲームのアップデートがかかり、結局ストレージに保存されて動作しているため、ダウンロードのほうが利便性は高いからだ。

筆者宅の「PS4」と「PS4 Pro」。ゲームはもっぱらPlayStation Storeで購入している。

 ところで、PlayStation Storeからすべてのゲームをダウンロード購入してプレイできるのは非常に便利だが、1本あたりのゲーム容量はかなり膨れ上がっている。特に人気の高い大型ゲームの場合、10GBや20GBは当たり前、なかには40GB超えのタイトルもある。購入時はボリュームが小さくとも、アップデートや追加コンテンツでどんどん容量が増えていき、いつの間にか当初の倍、大きなものだと4倍弱にまで膨れ上がっていることもある。

 例として、下記に筆者が購入した主なゲームタイトルを容量が多い順に並べてみた。「アップデート後の容量」は、発売後にアップデートや追加コンテンツを購入したときの容量(実測。ただし、販売されているすべての追加コンテンツを含んではいない)。「ダウンロード容量」とは購入時の必要容量で、この空き容量がないとダウンロードができない。

 アップデート後の容量を確認するとゲーム10本で424.48GBもあり、PS4の500GBモデルだったらかなり逼迫している状態だ。しかも、購入時の容量から比較すると、10本で約150GBも増えている。購入時はなんとかなっても、時間が経てば経つほど容量事情が苦しくなっていくのは明白だ。

 もちろん、もう遊ばないゲームはアンインストールすれば済むかもしれない。しかし、いちいち整理するのは面倒だし、再びゲームしたいと思ったときにまた数十GBもダウンロードしなければならない。そんな手間と時間を考えると、ストレージの容量はたくさんあるに越したことはない。

 さすがに最近は、その辺りを考慮してかPS4は1TBモデル、PS4 Proは2TBモデルが登場した。価格も改定されてより購入しやすくなっている。

 しかしながら、ゲーム1本あたりのデータ容量が増えたことで、ゲームをプレイする際の読み込み時間も意外と長くなっている点にも注意したい。すぐにプレイでスカッとしたいのに、ロード時間がかかっては単なるストレスでしかない。そうなると、標準で搭載されているHDDより、読み書きが速いSSDに換装したほうがいいはずだ。

内蔵HDDを換装しても保証は外れない

 実はPS4もPS4 Proも内蔵ストレージを換装することがあらかじめ考慮された設計になっている。交換作業自体は自己責任ではあるものの、ユーザーによる内蔵ストレージの交換が許されているのだ。たとえ換装したとしても保証から外れることもないので、安心して換装作業ができる(参照:「PS4は内蔵HDDを換装できますか? また、外付けHDDは使えますか?」)。

公式サイトのサポートコミュニティーには、「内蔵HDDを換装してもPS4本体の保証期間に変更はありませんが、すべてのHDDの動作を保証するものではありません。」(11月21日現在)と記載。

PS4 Pro本来の性能を活かすなら、SATA 3.0対応のSSDに換装

 PS4、PS4 Proの内蔵HDDは2.5インチタイプ。換装が許容されているストレージは厚さ9.5mm以下で、容量は160GB以上であることが条件だ。インターフェースはPS4がSATA 2.0(SATA 3Gbps)相当、PS4 ProはSATA 3.0(SATA 6Gbps)相当と実は速度が異なっている。

 それならPS4 Proのほうが速いのかというと、どちらも内蔵HDDはSATA 2.0(SATA 3Gbps)タイプなので、SATA 3.0(SATA 6Gbps)対応のストレージにするだけでも効果がある。

 なお、PS4を販売するソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)もSSDに換装したほうが、ロード時間は短くなりファイル転送速度も向上するとする明言している。PS4 Pro本来の性能を活かすなら、SSDへの換装がベストということだ。

公式サイトのサポートコミュニティーには、「ご購入時のPS4 Proに搭載している1TBのHDDでは速度は変化せずに、SSDに換装した場合ロード時間が短くなりファイル転送速度も向上します」と記載されている。

 つまり、初期モデルでストレージ容量の少ないPS4やPS4 Proを持っているなら、すぐにでも換装を考えたほうが得策ということである。もしこれから購入するのであれば、大容量のPS4やPS4 Proを購入するよりも、いちばん安いモデルを購入してSSDへ換装するのが賢い選択かもしれない。

 また、換装にあたっては読み書きの速度を速くすること以上に、ストレージ容量を増やす方向で検討したほうがいい。ゲームをプレイすることだけでなく、ゲームプレイを配信したり動画として公開したりと、あとで見返して研究するという人も多いだろう。そうなると容量はあっという間に埋まってしまう。

 SSDの大容量モデルとなるとHDDに比べたら高価なため躊躇しがちだが、最近はべらぼうに高いというわけでもない。ここは将来的にも1TBもしくは2TBといった大容量モデルを選ぶべきである。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月