前へ 1 2 次へ

Z390マザーのおすすめはこれだ!

第9世代CoreプロセッサーにオススメなZ390マザー【MSI編】

文●にゃんこ夏目 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

豊富なラインアップは◎
2万円前後にそろう秀作マザー

 MSI製マザーの人気モデルといえば、AMD、インテルを問わず「TOMAHAWK」が挙げられる。「MAG Z390 TOMAHAWK」は今回もバランスのとれた1枚になっているが、せっかく「Core i9-9900K」を使うなら、もうひとつ上の「MPG Z390 GAMING PRO CARBON」や「MPG Z390 GAMING EDGE AC」がおもしろい。特に側面が強化ガラスのケースなら、「Mystic Light Intinity & Mystic Light Sync」が活躍するはずだ。

スーパーハイエンドに君臨する「MEG Z390 GODLIKE」。実売価格は約7万6000円。E-ATXサイズのモンスターは16フェーズデジタルPOWERを搭載。ネットワークはDual Killer LAN+Killer WiFiで、M.2 SSDを2つ増設できる拡張カード「M.2 Xpander-Z」やHDMIキャプチャカード「STREAMING BOOST」が付属する豪華仕様

ゲーマー向けハイエンド「MEG Z390 ACE」。実売価格は約4万円。ネットワークはKiller LAN+インテルWiFiを採用。サーマルスロットリングを防止する「M.2 Shield FROZR」も装備済み

人気モデル「MPG Z390 GAMING PRO CARBON」。実売価格は約2万6500円。チップセット&M.2一体型ヒートシンク、組み込みに便利な「プレインストールI/Oシールド」のRGB機能も搭載した際によく目立つ

新たに加わった「EDGE」のATXモデル「MPG Z390 GAMING EDGE AC」。実売価格は約2万3800円。刀をイメージした「プレインストールI/Oシールド」が特徴。機能と価格のバランスが取れたお勧めモデル

MSI製Z390では唯一のMicro ATXモデル「MPG Z390M GAMING EDGE AC」。実売価格は約2万3800円。PCIe3.0×4接続対応のM.2スロットを2基、インテル製ギガビットLAN、インテル製802.11ac対応Wave2WiFiなどを搭載

MSI製Z390では唯一のMini-ITXモデル「MPG Z390I GAMING EDGE AC」。実売価格は約2万500円。オーバークロック向きではないが、小型ケースで定格運用のゲーミングマシンを組むならお勧め

カジュアルゲーマー向けATXモデル「MAG Z390 TOMAHAWK」。実売価格は約2万円。「M.2 Shield FROZR」装備、デュアルインテル製ギガビットLANとツボを押さえた仕様は今回もヒットの予感

Core i5/i7で使うには最適そうなATXモデル「MPG Z390 GAMING PLUS」。実売価格は約1万6000円。コスパを意識するならチェックしておきたい1枚。M.2スロットを2基、インテル製ギガビットLANを採用

MSI最安のZ390モデル「Z390-A PRO」。実売価格は約1万4300円。インテル製ギガビットLANを採用しており、ゲーム以外の用途なら十分

【関連サイト】

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月