このページの本文へ

ノングレアディスプレーで外でも作業しやすい

天板ロゴなしでどこでも使いやすい10万円台高コスパモバイルノートPC

2018年10月05日 07時00分更新

文● 柴田尚 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Altair F-13KR」

 サードウェーブが販売する「Altair F-13KR」は、CPUにCore i5-8250Uを採用した13.3型モバイルノートパソコンだ。薄さおよそ15.9mmで重量が1.19kgと、コンパクトかつ軽量なので、持ち歩きもラクラクである。加えて、価格は10万4980円とコストパフォーマンスも高くなっている。今回は、Altair F-13KRの外観について紹介していこう。

 Altair F-13KRの天板はロゴも入っておらず、すっきりとしたデザイン。手触りはさらっとしており、指紋などの汚れはほぼ付かないような加工が施されている。13.3型のフルHDディスプレーは映り込みの少ないノングレアタイプなので、持ち歩いて様々なシーンで使う場合が多いモバイルマシンとしてはうれしいところだ。

すっきりとしていて美しい天板

 軽量かつコストパフォーマンスに優れているうえ、インターフェースが充実しているのもAltair F-13KRの特長の1つだ。右側面にはマイク/ヘッドフォン端子、USB 3.0(Type-A)端子、microSD(SDXC対応)カードリーダーを備える。左側面には、電源端子、USB 3.0(Type-A)端子、HDMI出力端子、USB 3.0(Type-C)端子を揃えている。

右側面はマイク/ヘッドフォン端子、USB 3.0(Type-A)端子、microSD(SDXC対応)カードリーダーを配置
左側面は、電源端子、USB 3.0(Type-A)端子、HDMI出力端子、USB 3.0(Type-C)端子を

 キーボードは、メインとなるキーの部分は約18mmのキーピッチを確保。右側の部分は多少狭くなっているキーもあるが、使っているうちにすぐ慣れるレベルなので安心してほしい。また、LEDバックライトを内蔵しており、暗いところでも打ちやすい。

右側に狭くなっているキーがあるものの、基本的に打ちやすいキーボード

 ディスプレーは、最大180度まで開く構造となっている。実際に全開する機会は少ないが、乗り物での移動中など座って膝にのせて使うときなどは結構開くので、駆動域が高いのはありがたい。

フラットな状態になるほど開くことができる

 今回試用したAltair F-13KRのスペックは以下のとおりとなる。次回以降は、実際に使ってみた感想などについてお伝えしていこう。

試用機の主なスペック
機種名 Altair F-13KR
CPU Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz/4コア/6MBキャッシュ)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス620(CPU内蔵)
メモリー 8GB DDR4
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
サウンド マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
無線LAN Intel Wireless-AC 8265(IEEE802.11 ac/a/b/g/n)
接続端子 USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)、HDMI端子、microSDカードリーダー、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子
電源 リチウムイオンバッテリー
サイズ 316mm(幅)×217mm(奥行き)×15.9mm(高さ)
重量 約1.19kg(バッテリー含む)
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 10万7978円から

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ