このページの本文へ

富士通は、誰も踏み込めない"軽さと剛性の両立"を目指す

1キロ以下の13.3型ノートならコレだ!! 世界最軽量「LIFEBOOK UH」の秘密を開発陣に聞いてきた!![LIFEBOOK WU2/B3・UH55/B3・UH75/B3・UH90/B3] (2/5)

2018年02月19日 11時00分更新

文● 高橋量、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第8世代Coreプロセッサーを搭載するために「LIFEBOOK WU2/B3」リリースを前倒し

―― 前モデルが発売されてから新モデル「LIFEBOOK WU2/B3」が発売されるまでが約8ヵ月と、富士通クライアントコンピューティングさんとしては期間が短いと思います。この経緯を教えてもらえますか?

河野氏 インテルのモバイル向けプラットフォームが第8世代になって、クアッドコアCPUに初めて対応したことが主な理由です。モバイルノートにパフォーマンスを求めるお客様が非常に増えていますので、なんとか第8世代CPU搭載モデルを出したいという思いがありました。本当はひと段落したい時期だったんですけど(笑)。

第二技術部 マネージャー 河野晃伸氏。モバイルノートにパフォーマンスを求めるお客様が非常に増えていますので、なんとか第8世代CPU搭載モデルを出したかったと明かす

―― (筆者のように)「ちょっと早すぎでは?」という声はありませんでしたか?

河野氏 それはありませんでしたね。

石川氏 重量が軽くなったという点に、「あっ」と驚いた方はいたみたいです。

「富士通の“赤”」にかけるこだわり

―― 本体カラーが「ピクトブラック」と「サテンレッド」で、重量が若干異なります。この理由を教えてもらえますか?

石川氏 これは塗装の膜が関係しているんですね。「ピクトブラック」ではまず塗料を付きやすくする「プライマー」という塗料を塗り、その上に黒を重ねています。

 「サテンレッド」についてなのですが、まず赤という色は下地の色を拾う性質がありまして、重ね塗りをしないとちゃんときれいに発色しないのですね。そのため、赤色の下に実はシルバーを塗っています。「サテンレッド」は重ね塗りをしているので、そのぶんだけ重量が重くなっているというわけです。

―― 重さが増してもこの鮮やかな赤、「サテンレッド」を表現したかったということですね。

石川氏 弊社内でも「LIFEBOOK UH」シリーズを使っている者が結構いるのですが、「サテンレッド」を選ぶ例が多いのです。弊社の場合はコーポレートカラーに近いこともあると思いますが、発色が(一般的なノートPCの)赤より明るいので、お客様にもその辺りを特長的に捉えてもらっているようです。

河野氏 昔から赤にはこだわっているんですよ。初代のUltrabookでも赤いモデルを出しましたが、色味についてはその時から工夫を重ねています。

石川氏 赤って普通に塗ると、黒っぽくなっちゃうんですよ。シルバーを塗って下地を明るくした上で赤色を塗らないと、きれいに発色しない。そのきれいな赤色を出すことが、"ものづくり"としてこだわっているポイントです。

事業本部 法人モバイル事業部 第三技術部 マネージャー 石川雅紀氏。きれいな赤色を出すことが、“ものづくり”としてこだわっているポイントという

富士通 FMV ESPRIMO UH

富士通 WEB MART 学割

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通