このページの本文へ

アナログRGBやイーサネットといったインターフェースも搭載

Windows 7/10 IoT Enterpriseがインストールできる業務用VAIO

2017年11月27日 18時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは11月27日、13.3型ノートPCの新製品「VAIO Pro PB」を発売した。価格は10万7784円から。

 2017年9月に立ち上げたB2B市場向けモデルの新シリーズ。Windows 7の選択が可能なほか、特定用途向けOS「Windows 10 loT Enterprise 2016 LTSB」のインストールにも対応する。

 CPUは第6世代インテルCoreプロセッサーを採用、ストレージはOPAL2.0準拠の暗号化機能付SSDが選択可能。SATA接続、「第三世代ハイスピードSSD」、「第三世代ハイスピードプロSSD」(512GB)のインストールを受け付ける。暗号化ソフトは非搭載で、別途用意が必要。

 インターフェースはUSB 3.0やSDスロットのほか、イーサネット端子やHDMI/アナログRGBの映像出力端子を標準で搭載するなど、接続性を確保。バッテリー駆動は最大でおよそ11時間。サイズはおよそ幅322×奥行き216.5×高さ17.9mm、重量はおよそ1.09kg。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ