このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第54回

基本スペック充実&洗練デザインが魅力的

約2万円とコスパ抜群! 8型SIMフリータブ「HUAWEI MediaPad T3」レビュー

2017年08月22日 16時00分更新

文● 加藤肇 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホの大型版的な使い方で高年齢層にもオススメの8型
家でも外でも動画などのコンテンツを楽しむなら10型

 さて、8型と10型タブレットの用途の違いについても触れておこう。

 機動力に優れる8型タブレットは、スマホやケータイとの2台持ちはもちろん、スマホ代わりに使っても便利だ(ちなみにHUAWEI MediaPad T3/HUAWEI MediaPad T3 10ともに音声通話にも対応している)。写真やSNS、地図などがスマホよりも大きい画面で見やすくなるため、格安SIMとセットで両親へのプレゼントにしてもよいかもしれない。端末も安価だし、格安SIMであれば月1000円以下で契約できる。負担が小さいわけだ。その意味でも、LTE対応というのは非常に重要な要素となる。

8型ならば大型のスマホ的な使い方も容易。小さな画面が辛くなってきた人にも適している

 一方の10型タブレットは、やはりエンタメ用途がメインだろう。大画面を生かし、自宅でゆっくりと動画や写真などを見るのにピッタリだ。もちろん、LTEモデルならば、自宅外でも同じことができる。

10型ならば動画を迫力ある形で楽しめる

 とはいえ、外出先で動画を楽しむとなると、どうしても通信量が気になるところ。ただ最近は、たとえばNetflixのように、事前に自宅のWi-Fi環境でデータをダウンロードしておき、オフライン環境でも視聴できるサービスが登場している。外出時も動画を楽しめる環境がますます整っているわけで、HUAWEI MediaPad T3 10との組み合わせは良好なのだ。ぜひ試してみてほしい。


提供:ファーウェイ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店