このページの本文へ

企業のビッグデータやシステムをAPIゲートウェイで外部から活用するxTechをさらに推進

NTT Com、APIゲートウェイサービス提供を開始

2017年06月14日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービス概要イメージ

 NTTコミュニケーションズは6月14日、APIを統合管理して外部との接続を支援する「API Gateway as a Service」を発表。7月より提供開始する。

 様々な業界において、企業が保有しているビッグデータやビジネスをAPI化することで外部に公開、新たなビジネスを創出するxTech(FinTech/RetailTech/AgriTech/EdTechなどとも)と呼ばれる動きが注目されている。NTTコミュニケーションズでは、これまで各種企業向けに整備してきた「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ(API Gateway)」基盤を拡張、新たに基盤および保守運用プランとして提供する。

提供メニュー

 APIの認証や権限管理を一括で行なうことができ、多数のAPIが存在する場合にも管理を効率化。外部連携機能(APIマッシュアップ)を標準で装備し、他のサービスとのAPI連携を容易に実現する。IaaS基盤はNTT Comの「Enterprise Cloud」および、「Hybrid Cloud with Microsoft Azure」に対応し、今後も順次追加する予定。保守運用がセットとなっており、ゲートウェイは大規模企業向けからPoC向けまでの4種類、保守運営は24時間365日のエンタープライズ向けから平日日勤帯のベーシックまで3種類と、導入規模を選べるようになっている。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!