このページの本文へ

架空の薬物「アポトキシン4869」をイメージ!

身体が子供になっちゃう!? 「名探偵コナン」灰原哀のアポトキシン風カレー

2017年01月19日 16時16分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヴィレヴァン通販では「名探偵コナン カレー アポトキシン」を発売予定だ。価格は648円で、1月下旬発送予定だ。容量は200g(一人前)。

 「怪盗キッド カレー」に続く「名探偵コナン」のレトルカレー第2弾。江戸川コナンと灰原哀を幼児化させた架空の薬物「アポトキシン4869」をイメージした赤いトマトカレーだ。

 製品サイトでは、「食べても体は子どもにもどりませんが美味しさのあまり『おいちー』と言葉が幼児化する恐れがあります。」と説明されている。アポトキシン4869は果たしてどのような味なのか? 灰原さんからのバレンタインプレゼントだと思って購入してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!