このページの本文へ

秋の新製品も勢ぞろい! 人気SIMフリースマホ全カタログ 第3回

コストを重視して、SIMフリースマホを選ぶならこのクラス

2万円台でも指紋でロック解除! 人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルクラス編】

2016年11月03日 15時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2万円台半ばで金属筐体にフルHD液晶、指紋センサー
5.5型のコスパよしの1台「HUAWEI GR5」

 ファーウェイが今年2月にリリースしたミドルクラス機。価格改定で2万円台半ばの価格となったが、そのスペックはフルHD解像度の5.5型液晶、オクタコアCPU(Snapdragon 616)、金属筐体、さらに指紋センサーとかなりハイスペックな1台だ。

フラグシップ級から受け継いだ機能を持つ、高いコスパが魅力の「HUAWEI GR5」

 その指紋センサーは、タッチするだけでスリープからの復帰とロック解除が同時にできるほか、タッチパッドのような機能も持っており、上下のスライドで通知領域を出し入れしたり、カメラのシャッターを切るなどの操作が可能。ゴールドのカラバリも魅力的だ。

背面にタッチ式の指紋センサーを搭載。ヘアライン風塗装も高級感を感じる

ZTEのSIMフリースマホで最も安価な「BLADE V7 Lite」
メタル筐体に指紋センサーで税抜2万1800円

 フラグシップの「AXON 7」を始め、多数のSIMフリースマホをリリースしているZTEの中でも、安価なモデルが「BLADE V7 Lite」。HD解像度の5型液晶、MediaTek製のクアッドコアCPU(MT6735P 1GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、8メガカメラ(イン8メガ)など。CPUがやや弱めなのを含めて、スペック的にはそこそこレベルだが、曲面を強調した金属筐体に加え、背面に指紋センサーを搭載するなど、イマドキなスマホとしての要素を揃えている。

前面が白と背面がシルバー、前面が黒と背面がグレーの組み合わせ

 また、5型液晶ということで、横幅は70.2mmとSIMフリースマホとしてはかなりコンパクトな部類なのも本機を選ぶポイントとなるだろう。

2.5D加工の前面ガラスに、背面は丸みを持ったメタルボディー、そして指紋センサーと、価格を考えるとなかなかの組み合わせ

税抜2万円台でフルHD液晶に指紋センサーの
ZTE製スマホ「Blade V580」

 ZTE「Blade V580」はフルHD解像度(1080×1920ドット)の5.5型ディスプレー、MediaTek製のオクタコアCPU(MT6753、1.3GHz)、2GBメモリー、16GBストレージに加え、背面に指紋センサーまで備えて、2万円台後半というモデルだ。

カラバリはシルバーとグレーの2色

 デザインでも金属筐体を採用。特にシルバーのカラバリは、シンプルながらもなかなか美しい1台に仕上がっている。

メタルボディーで背面には指紋センサーが。センサーを長押しすることでカメラのシャッターにもなる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン