このページの本文へ

装着した状態な昔ながらの二眼レフカメラのような外観

上海問屋、VRグラスになるiPhoneケースを発売

2016年09月09日 17時48分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケースを背面から前面に差し替えてレンズ部を引っ張り出せばどこでもVR体験

 上海問屋は9月9日、iPhoneケースがVRグラスになる「iPhone 6s/6s Plus用VRグラス搭載ケース」を発売した。

 iPhone 6/6s用とiPhone 6Plus/6s Plus用で、使わないときにはiPhoneの背面にセットしておき、VRグラスとして使用するときには全面に差し替えてレンズ部分を引き出して使用する。背面にセットしていた状態でもiPhone本体のカメラなどには干渉しない。

iPhoneケースとしてもさほどかさばらないサイズ

6/6s用と、6 Plus/6s Plus用の2製品が用意される

 サイズは、6/6s用が約幅70×縦140×奥行き30~65mm、6 Plus/6s Plus用が約幅80×縦160×奥行き約30~65mm、重量はいずれも約60g。両製品とも価格は999円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中