このページの本文へ

「1971 炙り醤油ジャパン」「1955 スモーキーアメリカ」

マクドナルド、45周年で本気出す 日米バーガー揃い踏み

2016年07月01日 14時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「1971 炙り醤油ジャパン」

 日本マクドナルドは「1971 炙り醤油ジャパン」「1955 スモーキーアメリカ」を7月6日から全国のマクドナルド店舗で期間限定販売する。単品価格はいずれも490円。

 1971年7月に日本でマクドナルド第1号店がオープンしてから、今年で45周年を迎えることを記念し、日本とアメリカそれぞれをテーマにしたバーガー。

  1971 炙り醤油ジャパンは、1971年、東京・銀座に第1号店が登場してからの45年の歴史に想いをはせて開発されたという、醤油ベースのソースを使用したバーガー。1/4ポンド100%ビーフパティに、トマト、レタス、グリルしたベーコン、チェダーチーズなどの素材を使用。

 3種のスパイスと甘みのあるソテーオニオンが入ったあぶり醤油風味ソースで、「日米の味覚の融合」を表現したという。

「1955 スモーキーアメリカ」

 1955 スモーキーアメリカは、マクドナルド世界第1号店がオープンした1955年当時のアメリカをイメージして作られたバーガー。1/4ポンドビーフパティに、トマト、オニオン、レタス、グリルしたスモーキーなベーコンなど、基本的な具材は1971 炙り醤油ジャパンと同じ。

 トマトペーストやマヨソースなどを合わせたスモークの香りが特長的な1955ソースと、ケチャップなどのアメリカンな味わいが決め手という。

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!