このページの本文へ

JAWS-UG東北勉強会レポート第3回

北海道新幹線開通記念!函館のスピーカーが登壇するよ

6月25日はJAWS-UG青森第5回勉強会に行くぞ!

2016年06月15日 14時00分更新

文● 重森大

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ライター重森がキャンピングカーで全国のJAWS-UG支部を巡るこの連載。今回はいわば予告編として、これから取材に行こうと考えているイベントを紹介したい。いま、取材を考えているのは2016年6月25日に開催予定のJAWS-UG青森第5回勉強会。JAWS-UG全国代表である立花氏が所属するグループということもあり、期待は高いぞ。

初登壇の学生メンバーも登壇する本州最北端の勉強会が熱い

 JAWS-UG青森の本部は、県東部の三沢市にある。JAWS-UG全国代表である立花氏のようにAWS界を代表するレベルのユーザーから、初心者まで幅広い層が参加するユーザーグループだ。勉強会のメニューを見ても、AWSの基本であるEC2から、実際にビジネスに活用している事例まで話題は豊富。どのようなレベルのユーザが参加しても楽しめそうだ。

JAWS-UG青森のロゴは基地の街三沢のイメージ

 全都道府県の中でも8位にランキングされる広さを持つ青森において、経済や政治の中心である青森市でも弘前市でもなく、三沢市に本部を持って活動しているというのは、JAWS-UG青森の特徴の1つだと思う。そうした背景があってか、開催場所の手配は現地近くのメンバーが行なうが、イベントの企画や運営もリモートで行なわれているとのこと。

「私たちがお待ちしています!」JAWS-UG青森の澤田氏(左)と石澤氏(右)

 6月の勉強会は北海道新幹線が開通してから初めての勉強会ということもあり、北海道は函館からスペシャルゲストとしてアットウェアの高橋氏を招いて登壇してもらう予定だ。北海道との時間距離が縮んだことで濃くなっていくシナジー効果に期待が寄せられる。注目のスピーカーとしてはもうひとり、ピースオブケイクの福井氏のセッションも予定されている。筆者も利用しているクリエイター向けWebサービス「note」の開発、運営にまつわる話や、ElasticSearch Service、API Gateway、Lambdaの導入に向けて行なわれている検証についても語られるとのこと。

JAWS-UG青森支部 [第5回]のセッション(予定)
発表内容 スピーカー
コミュニティについて ヘプタゴン 立花 拓也氏
EC2について アプレッソ 對馬 陽子氏
CDPについて ヘプタゴン 澤田 洋二氏
AWS LamdaとAPI-GatewayとElasticsearchService使ってみた ピースオブケイク 福井 烈氏
Amazon EMRについて アットウェア 高橋 哲也氏
Advertisement for everyone インプレイス 後藤 永吉氏

 事前にうかがったところでは、今回が初登壇となる学生メンバーによるセッションにも注目してほしいとのこと。コミュニティにコミットすることや「100回の参加より1回の登壇」の重要性を知り、初めて登壇する澤田氏。どのような話を聞けるのか楽しみにしたい。

 個人的には、これまでJAWS-UG青森を盛り上げてきて、今はJAWS-UG全国代表を務める立花氏が語る「コミュニティについて」というセッションに一番興味をひかれている。自身でコミュニティを立ち上げ、育て、今はとりまとめる立場についた立花氏は、さまざまな立場からコミュニティ運営というものを見てきたはずで、他のJAWS-UGコアメンバーにとっても役立つ話が聞けるのではないかと期待している。

JAWS-UG青森第5回勉強会

■日時:2016年6月25日(土) 14:00-17:30


■会場:三沢市立図書館(青森県三沢市桜町1丁目5-43)


■入場:300円(会場にて支払い)


■申し込み:JAWS-UG青森支部 [第5回]



カテゴリートップへ

この連載の記事