このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第21回

格安SIMとの組み合わせで贈ろう!

両親にプレゼントするSIMフリー端末はコレがおすすめ!!

2016年05月12日 11時00分更新

文● 加藤肇、アスキー編集部 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマホやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回は、幅広いラインアップが揃うファーウェイのSIMフリー端末から、スマホデビューを検討している両親へのプレゼントに最適なモデルを紹介していく。

今回は父の日に合わせて、ファーウェイの豊富なラインナップから両親にプレゼントするのに適したスマホを紹介!

ガラケーユーザーの高齢者の中にも
画面の大きさなどからスマホを使ってみたい人は多いのでは?

 いきなり私事で恐縮だが、筆者の両親は60代で2人とも昔ながらのフィーチャーフォンのユーザーだ。「これだけスマホが進化・普及して、使い勝手もよいのになぜ?」と思うのだが、この年代になると、使い慣れた機器を手放して新しいものにチャレンジすることが億劫になるという人は少なくないようだ。

 それ自体は間違いではないのだが、周囲は少し困る。古いケータイの使い方を聞かれてももう忘れてしまったし、またキャリアメールでのやり取りはいろいろ制限があって面倒な部分があるからだ。その一方でスマホへの興味がゼロというわけでもなさそう。みんなが持っているものを使ってみたいという感情は当然あるし、画面の大きさもポイント。孫の写真を大きく見られることは、なにより一番の魅力なのである。

 そこで、両親にスマホをプレゼントするという考えが浮かんでくる。SIMフリー端末を格安SIMとのセットで贈って、普段はLINEなどを活用すれば費用負担は小さい。当面は使い方のサポートが必要かもしれないが、使いこなせるようになって相互のコミュニケーションが円滑になるのはお互いにうれしいことだ。

 というわけで、今回はファーウェイのSIMフリー端末の中から両親へのプレゼントにぴったりなモデルを選んで、その特徴を紹介していくことにする。

3万円台ながら、大人が持っても問題なく似合う
洗練されたデザインのミドルレンジ機「HUAWEI GR5」

 まずは、父親に贈るスマホについて。第一候補には、洗練されたデザインのメタルボディーに指紋センサーを搭載するミドルレンジ機「HUAWEI GR5」(以下、GR5)を挙げたい。

コスパの良さならコレ! 金属筐体で単純にカッコイイのも○な「HUAWEI GR5」

 GR5の特徴のひとつは、高性能な指紋センサーの搭載だ。最近のフラグシップ級端末では指紋センサーの採用例が増えているが、ミドルクラス機であるGR5で搭載しているのはアドバンテージとなる。用途としては、まずセキュリティーが挙げられる。昨今、情報漏洩が問題になっているだけに、生体認証による手軽で確実なセキュリティーの確保は欠かせない。

複雑な操作が不要でセキュリティーが確保できる指紋センサーを搭載

 といっても、操作が難しくては、父親世代にはハードルが高くなってしまう。GR5の指紋センサーはセンサー上に360度どんな向きで指を置いても、指紋をしっかりと認識してくれるので安心だ。認識スピードが速く精度も高いため、何度か操作すれば、それほど意識せずとも使いこなせるようになるだろう。

 また、ファーウェイ端末ならではの機能もある。指紋センサーをタッチパッドのようにして、端末の各種操作に利用できるのだ。具体的には、指紋センサー上で指を上下にスライドさせると通知領域を開閉できたり、指紋センサーを長めにタッチすることでシャッターを切ったりすることが可能となっている。

ファーウェイ端末の指紋センサーは単純にセキュリティー確保だけじゃない!

 センサー長押しでのシャッター操作は、特にセルフィー撮影時に便利さを実感する。端末を片手でホールドした自然な体勢で撮影できるので、笑顔も自然なものになる効果が生まれそうだ。

自撮り時に画面をタップすることなく、指紋センサーの長押しでシャッターを切ることができるので手ぶれも防げる

 スペックもチェックしておこう。CPUには、オクタコアのSnapdragon 616(1.5GHz+1.2GHz)を採用。さらにフルHD解像度(1080×1920ドット)の5.5型ディスプレー、2GBメモリー、16GBストレージ、3000mAhバッテリーと、十分以上の性能を持っている。対応周波数は、LTEがバンド1/3/5/7/8/19/40、3G(W-CDMA)はバンド1/5/6/8/19で、ドコモMVNOの格安SIMとの組み合わせもバッチリだ。

5.5型と少し大型だが、男性の手であれば十分に片手操作が可能

 また、本体デザインのクオリティーの高さも見逃せない。ミドルクラス機ではめずらしいアルミ・マグネシウム合金の金属筐体を採用しており、背面にはヘアライン加工も施されている。大人の男性が持つのにふさわしい落ち着いた雰囲気と高級感だ。

背面のヘアライン加工がさらに魅力をアップさせている

 GR5は、公式オンラインストア「ファーウェイ Vモール」のほか、家電量販店やECサイト、MVNOなどで発売中。価格は税抜3万4800円。カラバリはゴールド、シルバー、グレーが用意されている。

【関連記事】
洗練デザイン&指紋センサー搭載の高コスパ機「HUAWEI GR5」を詳細レビュー!

より上質で高機能! カメラの「プロカメラモード」にも注目の
フラグシップモデル「HUAWEI Mate S」

 父親に贈るスマホのもうひとつの候補は、フラグシップ機「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)だ。税抜7万9800円とGR5とは少々価格差があるが、それだけの価値はあるモデルだ。

予算が許すならフラグシップ機の「HUAWEI Mate S」もオススメ

 父親世代にとって魅力となるのは、Mate Sのカメラだろう。リアカメラには、通常のRGBにWhiteを加えた1300万画素4色イメージセンサーを搭載。マニュアルカメラのように各種設定を細かく指定できる「プロカメラモード」など、多彩な撮影を楽しめる。

高性能なカメラに加え、GR5と同様に指紋センサーも搭載する

 プロカメラモードでは、露出や色味、シャッタースピード、ホワイトバランス、ISO感度などを自分好みに変更し、思いどおりの絵作りが行なえる。設定を変更するとプレビューにリアルタイムで反映されるので、出来上がりを確認しながら使えるのが特徴だ。とりあえず試してみるなら、以下の操作画面のように、ホワイトバランスの変更がわかりやすいだろう。

プロカメラモードではユーザーが設定を自由に変更して写真を撮れる。カメラにこだわりがあるお父さんも気に入りそう!

 そのほかMate Sでは、コントラストを強めにした「インパクト」や柔らかな空気感を表現できる「ND」など3種類が用意されたモノクロフィルターもおもしろい。また、ファーウェイ製スマホではおなじみの「パーフェクトセルフィー」や「ライトペインティング」も楽しめる。

ホワイトバランスの変更で随分印象の異なる写真が残せる

 仕事や会議に役立つ機能も用意されている。標準カメラの設定メニューから「文書撮影」を選んで起動する「自動矩形補正」がそのひとつ。これは、フレーム内にある書類や名刺などを自動で認識し、矩形補正して撮影してくれるという機能だ。認識の精度が高く、会議室のホワイトボードなどでも取り込める点が魅力だ。

名刺やホワイトボードを斜めから撮影しても、自動で矩形を補正してくれる

 もうひとつ、ビジネスタイムで活用したいのが「スマートレコーダー」。Mate Sには3つのマイクが内蔵されており、それらを利用して方向を検知する録音アルゴリズムを利用した機能だ。これが搭載された標準のレコーダーアプリには、「会議」「インタビュー」「ノーマル」という3つの録音モードがあり、シチュエーションに最適なモードを選択できる。

ビジネスマンのみならず利用の機会が多いボイスレコーダー。会議や1対1での会話など、モードを変更できる

 一番利用頻度が高いと思われる会議モードでは、本体内蔵の複数マイクを利用して最適な録音が可能である。集音したい方向や角度を指定することもできる。会議において特定の話者の声は確実に録りたいというような場面で役立つわけだ。

 Mate Sは、公式オンラインストア「ファーウェイ Vモール」や家電量販店の主要店舗、MVNOなどで販売中。価格は税抜7万9800円。カラバリはミスティークシャンパン、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色となっている。

【関連記事】
フラグシップの5.5型SIMフリー機「HUAWEI Mate S」を徹底的に使いこなす!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事