カスタマイズモデルのOSに新しい選択肢

VAIO ZやVAIO S11のWindows 8.1/7モデルが登場!

文●鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIO S11などでWindows 8.1およびWindows 7が選べるように

 VAIOは4月12日、ソニーストアで購入できるカスタマイズモデルを対象に、OSの選択肢としてWindows 8.1およびWindows 7を追加したと発表した。同日9時から受注を開始している。

 法人向けカスタマイズモデルのVAIO S11、VAIO S13、VAIO Z(クラムシェルモデル)、VAIO Pro 13 | mk2、VAIO Fit 15E | mk2が対象。

 Windows 10 Pro(64bit)ライセンスからダウングレードする形で、Windows 8.1 Pro Update(64bit)、Windows 7 Professional SP1(32bit/64bit)をプリインストールOSとして選択可能とした。なおVAIO S11とVAIO Z(クラムシェルモデル)はWindows 7 Professional SP1(32bit)が選択不可となっている。

 また、個人向けカスタマイズモデルのVAIO Z(クラムシェルモデル)およびVAIO Fit 15E | mk2でも、Windows 7 Professional SP1(64bit)が新たに選択可能となった。

「法人向けカスタマイズモデル」にて選択可能なOS一覧表

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月