このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【全力特集】4型のiPhone SE&9.7型iPad Proが登場!第18回

「iPhone SE」を買う前に知るべき、5つのポイント

2016年03月31日 10時00分更新

文● 石川 温、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「iPhone SE」は、2年半前のモデルとなるiPhone 5sと全く同じデザイン、大きさでありながら、SoCにはiPhone向けでは最新となるA9、メインカメラには12メガピクセルを搭載するなど、「iPhone 6s」にも負けない性能を搭載してきた。

「iPhone SE」(ローズゴールド)

 実際にiPhone SEを使ってみると、「懐かしいな。昔、こんなサイズでよく満足していたな」という気持ちになってくる。 ただ、自分の場合、普段はiPhone 6sを使っていることもあり、どうしても物足りなさを感じてしまう。アップルとしても、iPhone 6sなどからの乗り換え需要を狙っているわけではなく、あくまでフィーチャーフォンやAndroidスマホユーザー向けの「ファーストiPhone」という位置づけなのだろう。価格帯も比較的安いため、これまで「iPhone 5s」といった型落ち品で獲得していたユーザー向けの機種の「置き換え」といえそうだ。

写真左から、iPhone 6s Plus、、iPhone 6s、iPhone 5s、iPhone SE

iPhone 5sと同じ筐体デザイン、同じサイズ

 実際、筐体デザインがiPhone 5sと同じため、新製品を触っているという「わくわく感」はとても少ない。新色となるローズゴールドであれば、多少の違いはあれど、既存の色を選んでしまうと、本当にiPhone 5sを使っているのと変わらない。iPhone 5sの本体カバーがそのまま使えるメリットは大きいが、その分、従来と代わり映えしないのも事実。

iPhone SE(写真右)の筐体デザインはiPhone 5s(写真左)と同じ。天面と底面の比較
こちらは左右側面の比較

 普通のメーカーなら、新製品を出す場合、画面サイズが従来通りであってもデザインを変えてくるとか、何かしらの工夫をしてくるのが一般的だ。しかしアップルは、「従来と全く変えない」という大きな挑戦をしてきた。それだけ、iPhone 5sが完成されたデザインである、ともいえるし、逆に「同じデザインで行きます」という無謀なチャレンジが、よく社内の会議を通ったな、という点に驚きを隠せない。日本の会社でこんな提案をしようものなら、速攻で却下されかねないだろう。

4インチという画面サイズ

 すでにiPhoneを使っているユーザーからすると、iPhone SEに対しての「物足りなさ」は3点ある。もちろん、ひとつ目は画面サイズ。すでに4.7インチや5.5インチに慣れている人には、4インチはかなり小さいと感じてしまう。

iPhone SEの4インチという画面サイズを気に入るかどうかがポイント

 しかし、画面の大きさに関しては「逆に4.7インチが大きすぎるので、4インチの最新機種を待っていた」という人も数多くいる。好む画面サイズは人それぞれ。それが大多数かはさておき、すでにiPhoneのユーザーであっても、4インチに満足できる人がそれなりにいるのは間違いないし、「画面サイズが小さいから売れない」と否定するのは間違っている。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中