このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

6000円前後で買える無線LANルーター5機種を徹底比較! ― 第1回

無線LANルーター購入前に知っておくべき9つのキーワード

2016年03月14日 10時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホで便利な簡単接続機能が充実
バッファロー「WHR-1166DHP2」

奇をてらわないシンプルな外観は宅内のどこにおいても馴染む。正面に「簡単接続」機能で使う「AOSSボタン」を備える。なお、タテ置き専用筐体なのでその点注意 奇をてらわないシンプルな外観は宅内のどこにおいても馴染む。正面に「簡単接続」機能で使う「AOSSボタン」を備える。なお、タテ置き専用筐体なのでその点注意

 「WHR-1166DHP2」も、5GHz帯の11ac/n/aと2.4Ghz帯の11n/g/bに両対応する。

 「ビームフォーミング」機能を搭載するほか、「QRsetup」アプリでスマホのみで初期設定が完了できるうえ、設定変更に関しても専用アプリ「StationRadar」から実行できるなど、スマホ時代に適した無線LANルーターといえる。

背面もシンプル。WANはギガビット対応、LAN×4基は100Mbps対応となっている 背面もシンプル。WANはギガビット対応、LAN×4基は100Mbps対応となっている

 そのほかの機能としては、リモートアクセス機能がある程度だが、オーソドックスかつシンプルな11ac無線ルーターとして使い勝手がいい。なおもう1台購入するとそのまま中継機/子機としても使える。実売価格は6000円前後。

帯域 5GHz 2.4GHz
対応規格 IEEE 802.11ac/n/a IEEE 802.11n/g/b
理論値最大通信速度 866Mbps 300Mbps
WANインターフェース 1000Base-T
LANインターフェース 100Base-TX×4
サイズ 幅55×奥行き131×高さ159mm
重量 256g

この価格では他を圧倒する高機能
ASUS「RT-AC1200HP」

エレガントなデザインの外観が大きな特徴。ただ配置したとき、奥行きは取らないものの、幅が必要であるところがやや難点 エレガントなデザインの外観が大きな特徴。ただ配置したとき、奥行きは取らないものの、幅が必要であるところがやや難点

 無線LANルーターらしからぬ独特のデザインの「RT-AC1200HP」。5GHz帯の11ac/n/aと2.4Ghz帯の11n/g/bに両対応する。

 WANはギガビット対応でLANは100Mbps対応。非常に機能が豊富で、やや玄人好みの仕様といえるかもしれない。

一応横置きも可能 ポート類は本体側面にまとめられている。USBポートにHDDやUSBメモリーなどを接続して簡易NASとして活用できる
一応横置きも可能ポート類は本体側面にまとめられている。USBポートにHDDやUSBメモリーなどを接続して簡易NASとして活用できる

 特に目を惹くのが「デュアルWAN」機能。LANポートの1基をWANとして利用し、インターネット回線を2本接続して運用できる(詳細は第3回のコラムを参照)。USBポートを内蔵し、簡易NASとして利用することも可能だ。実売価格は6000円前後。

帯域 5GHz 2.4GHz
対応規格 IEEE 802.11ac/n/a IEEE 802.11n/g/b
理論値最大通信速度 866Mbps 300Mbps
WANインターフェース 1000Base-T
LANインターフェース 100Base-TX×4
サイズ 幅145×奥行き25×高さ187mm
重量 270g

上下左右前後、どこにいても快適アクセス
アイ・オー・データ機器「WN-GX300GR」

「360コネクト」を意識した、やや丸みのあるデザインの筐体。スタンドも円形だ 「360コネクト」を意識した、やや丸みのあるデザインの筐体。スタンドも円形だ

 「WN-GX300GR」は、今回紹介している無線LANルーターの中で唯一11acに対応していない、11n/b/g対応の2.4GHzシングルバンド機。有線ルーター部分はすべてギガビット対応だ。

いずれの方向も放射する電波に影響はないので、たとえばヨコ置きで棚の上に置くのもいいかも 本体背面。筐体の丸みがわかる。端子はLAN×4、WAN×1ですべてギガビット対応
いずれの方向も放射する電波に影響はないので、たとえばヨコ置きで棚の上に置くのもいいかも本体背面。筐体の丸みがわかる。端子はLAN×4、WAN×1ですべてギガビット対応

 新設計の「F型アンテナ」を内蔵することで、親機の周囲360度にまんべんなく電波を放出する「360コネクト(さんろくまるコネクト)」機能を搭載。宅内のどこに設置しても電波が到達しやすいとされている。

 同社の無線LANルーターからの乗り換えなら、各種設定をボタン操作でコピーできる「「Wi-Fi設定コピー機能」が利用可能。素早い環境移行が可能となっている。実売価格6500円前後。

 なお、同社は11ac対応モデルとして、上位機種となる「WN-AX1167GR」(実売価格 7500円前後)を発売している。WN-GX300GRと同じく360コネクトなどに対応しているので、11ac対応モデルがいいという場合は1000円程度プラスしてWN-AX1167GRを選んでもいいだろう。

帯域 ―― 2.4GHz
対応規格 ―― IEEE 802.11n/g/b
理論値最大通信速度 ―― 300Mbps
WANインターフェース 1000Base-T
LANインターフェース 1000Base-T×4
サイズ 幅100×奥行き150×高さ156mm
重量 260g

次回は速度測定を実施!

 次回はここで紹介した無線LANルーターの通信速度を実測してみたい。製品で違いが生まれるのか注目する。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン