このページの本文へ

端末価格1万円/2万円/3万円の分かりやすいラインナップ

業界最安値「gooスマホ」、音声SIM月額1600円+端末1万円から開始

2015年04月22日 15時56分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
g01。端末はZTE製「Blade L3」(Android 5.0/クアッドコア 1.3GHz、5インチ)

 NTTレゾナントは4月22日、「goo」ブランドを冠したスマホの予約受付を開始、業界最安値を謳うスマホ+通信+アプリ+サポートを展開する。

g02。端末はZTE製「Blade S Lite」(Android 5.0/クアッドコア 1.2GHz/5インチISP) 

 第一弾として投入されるのは「g01(グーマルイチ)」、「g02(グーマルニ)」、「g03(グーマルサン)」の3機種(いずれもZTE製)。販売は「OCNモバイルONE音声対応SIM」(月額1600円)とのセットで販売され、g01は1万円、g02は2万円、g03は3万円という分かりやすい価格付けとなっている(価格はいずれも税抜き)。

g03。端末はZTE製「Blade S」(Android 5.0/オクタコア 1.5GHz/5インチISP) 

 ニュースアプリ、初心者向けラウンチャーアプリ、セットアプリなどがセットされるほか、オプションで破損・ヘルプサポートが用意される。

初心者向けのラウンチャーアプリがプリインストールされる
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン