このページの本文へ

今年7月の東京オフィス移転後から、順次新ロゴへと切り替え

カラバリも豊富!? サイボウズが企業ロゴをリニューアル

2015年03月30日 12時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイボウズは3月30日、1997年の創業以来初めてとなるコーポレートロゴのリニューアルを発表した。今年7月に予定している東京オフィスの移転後から、順次新ロゴへと切り替えていく。

サイボウズの新しいコーポレートロゴ(基本パターン)創業以来使われてきた現在のサイボウズロゴ

 新しいコーポレートロゴは、英文の社名(cybozu)に3つのサークルを組み合わせたもの。発表によれば、「サークル」はどの角度から見ても変わらない「公明正大さ」を表し、「3つ」にはサイボウズが目指すビジョンである、組織の「多様性/一体性/チームワーク」、個人が大切にすべき「家庭/会社/サードプレイス(地域社会など)」、「二項対立と、それを解決する第3のイノベーション」といった意味が込められているという。

 また、1つの価値観に縛られない「多様性」を表すため、新ロゴでは基本パターンのほかに色や配置の異なる多数のバリエーションも用意されている。

 サイボウズでは今年7月、東京・日本橋への東京オフィス移転を機に、新しいロゴの使用を順次開始する予定。

新しいコーポレートロゴではカラー/配置のバリエーションも用意された

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ