このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第324回

約13万円の高級デジカメスマホ「LUMIX DMC-CM1」を衝動買い!

2015年03月18日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホとのハイブリッドデジカメでやっとマトモなのが現われたのかも
スマホとのハイブリッドデジカメでやっとマトモなのが現われたのかも

 3月12日に国内市場に向けて予約販売された限定2000台(実際はもうすでに国内での一般販売が予定されているのかもしれないが)の「LUMIX DMC-CM1」(以降:CM1)を発売日受け取りを目論んでヨドバシカメラで予約衝動買いした。

 同デジタルカメラは海外では昨年秋に発表され、すでに出荷されている商品と同等のものだ。国内販売価格はLTE/3G対応のSIMフリースマートフォン+高性能デジカメ機能とはいえ12万9600円という高価格だ。

スマホなのか、デジカメなのか……
メーカーの扱いとしてはデジカメ

デジカメよりスマホ似だと思うが、販売元はデジカメだという認識の「DMC-CM1」
デジカメよりスマホ似だと思うが、販売元はデジカメだという認識の「DMC-CM1」

 面白いことに、プロダクトの基本部分をAndroidスマートフォンと見るか、大型の1型高感度MOSセンサーと28mm F2.8 LEICA DC ELMARITレンズを採用した極めて薄型のコンパクトデジカメと見るかでいろいろなことが変わってくるようだ。

 発売元であるパナソニックのビジネスジャッジは後者であるらしく、ヨドバシカメラの販売窓口はカメラ売り場のある店頭で予約申し込みをして、出荷までの追跡などは、通常商品のようにユーザーがヨドバシ・ドット・コムで行なえるといった、極めて変則的なオペレーションだった。

 CM1は、国内発売前に直接海外から個人輸入されたマニアックな方や、先行モニターユーザー、ジャーナリストの方々の事前情報が多く、期待度一杯の衝動買い商品だった。そして待ちに待ったCM1は予定通り3月12日の午前中に我が家に届いた。

パッケージはデジカメに多い立方体型のパッケージだった 梱包物はシンプル。他社製のUSB/ACアダプターとmicroUSBケーブルでも充電できた
パッケージはデジカメに多い立方体型のパッケージだった梱包物はシンプル。他社製のUSB/ACアダプターとmicroUSBケーブルでも充電できた
外形サイズはiPhone 6&6 PlusとHuawei Ascendの中間サイズ
外形サイズはiPhone 6&6 PlusとHuawei Ascendの中間サイズ

 パッケージには、専用のAC/USB充電アダプターと取説、本体のCM1が収納されていた。4.7型のフルHD液晶を搭載したスマホでもあるCM1は、ここ最近、筆者の常用スマホであるiPhone 6&6 Plusより一回り小さく、さまざまなテスト用として活躍している「Huawei Ascend」より上下がほんの少しだけ大きいサイズだった。

大先輩の「GALAXY Camera」よりスマホの基本機能や
カメラ機能が進化!

21倍光学ズームを搭載して2年前に登場したGALAXY Camera(右)。それより迫力はないが、極めてコンパクトなDMC-CM1(左) 21倍光学ズームを搭載して2年前に登場したGALAXY Camera(右)。それより迫力はないが、極めてコンパクトなDMC-CM1(左)

 Android系スマホデジカメとしては大先輩であるサムスンの「GALAXY Camera」(21倍光学ズーム搭載)と比較すると、体積が小さい分、その迫力はひ弱な感じを受ける。当然ながらCM1の方が後発商品なので、極めて薄くコンパクトでスマートに仕上がっているのがその理由だ。

 しかしGALAXY Cameraは今から2年以上前の商品にも関わらず、スマートフォン機能に高機能なデジカメ機能をハイブリッドした最初の商品だ。

当時としては画期的なユーザインターフェースを搭載していたGALAXY Camera 当時としては画期的なユーザインターフェースを搭載していたGALAXY Camera

 そしてカメラのコントロール用としてユニークで使いやすい専用のユーザーインターフェースとクラウドストレージ(Dropbox)との緊密な連携機能を最初に実現した、今でもまったく遜色のない商品だ(2014年12月に約4万7000円で購入)。

バージョンは違うが同じAndroidを搭載したスマホ+デジカメ。左が2年前のGALAXY Camera バージョンは違うが同じAndroidを搭載したスマホ+デジカメ。左が2年前のGALAXY Camera

 CM1がGALAXY Camaraと比べて大きく引き離しているスペックは、スマホ基本機能の2年間のアドバンテージと、その結果による薄型の本体デザイン、1型の大型映像素子、ライカブランドのレンズだろう。この差をどう見るかでCM1に対する評価は大きく変るのかもしれないが、基本コンセプトは同じだ。

次ページへ続く、「基本機能は最新のAndroidスマホ

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン