このページの本文へ

より広範囲にある血管も手掛かりに

広範囲の血管も利用! CT画像を高精度に位置合わせ-富士通研究所

2015年02月10日 15時24分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

画像比較による腫瘍の経時変化の観察

 富士通研究所は2月10日、異なる日時に撮影された同じ患者のCT画像に対して、高精度に腫瘍の位置合わせをする技術を開発したと発表した。

 CT画像では一般的に、呼吸や心拍の影響で腫瘍の位置が変動するという。そのため従来は、腫瘍の周辺にある血管などを手掛かりに位置を合わせる方法などを採用していたが、腫瘍の周辺に血管が少ない場合は位置合わせの精度が低下するという課題があった。

自動位置合わせの基本的な考え方

 今回開発した技術では、腫瘍の周辺だけでなく、より広範囲にある血管も手掛かりとする。これにより、腫瘍の周辺に血管が少ない場合でも高精度に位置合わせが可能。実用化の目安となる、誤差2.5ミリメートル未満で位置合わせ可能な割合が、従来の約3割から約8割へ向上することを確認したという。

 同社では、本技術を適用することで、画像診断業務の位置合わせに掛かる時間を低減でき、医師の負荷軽減に貢献できるとする。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通