このページの本文へ

“自働化”+コストパフォーマンス追求の“10シリーズ”が登場

「HP ProLiant Gen9」、エントリー新シリーズ含む6機種追加

2014年12月25日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は12月25日、「HP ProLiant サーバー Generation 9(Gen9)」において、新たに6機種の販売を開始した。コストパフォーマンスを追求したエントリーサーバー「ProLiant 10シリーズ」2機種も含まれる。また統合管理ソフトウェア「HP OneView」の最新版もリリースした。

HP ProLiant DL60 Gen9

HP ProLiant DL80 Gen9

 新機種6製品のうち、10シリーズのDL60 Gen9とDL80 Gen9は、仮想化/クラウド、ソーシャルサービスといったワークロード向けに、初期投資を抑えたサーバーの導入を可能にするエントリークラス製品。上位シリーズ(300シリーズ)譲りの冗長性や“自働サーバー”機能による管理性、拡張性を兼ね備えながら、最小構成価格を49%低減(DL60 Gen9とDL360 Gen9の比較)している。

 また、100シリーズのDL120 Gen9は1ソケットサーバー。XL740f Gen9およびXL750f Gen9は「Apollo 8000 System」向けの高密度サーバートレイで、「Xeon Phi 7120Dコプロセッサー」または「NVIDIA Tesla K40KL GPU」を搭載している。

 ITインフラの統合管理ソフトウェアであるOneViewでは、新バージョン(1.20)がリリースされた。ProLiant Gen9(DL/BL)をサポートしたほか、ProLiant G6/G7(DL/BL)を監視対象としてサポート、またレポーティング機能やダッシュボードカスタマイズ機能などの拡張機能がある。

製品名 説明 最小構成価格(税抜)
DL60 Gen9 10シリーズ/1U/2Way 21万7000円
DL80 Gen9 10シリーズ/2U/2Way 28万2000円
DL120 Gen9 100シリーズ/1U/1Way 25万7000円
ML150 Gen9 100シリーズ/タワー/2Way 26万円
XL740f Gen9 Apollo 8000用/Xeon Phi/2Way
XL750f Gen9 Apollo 8000用/NVIDIA Tesla/2Way

カテゴリートップへ

ピックアップ