このページの本文へ

同社初の前面展望席を備えた特急車両を忠実に再現

小田急電鉄、鉄道模型ブランドKATOより「ロマンスカーNSE(3100形)」オリジナル仕様を発売

2014年12月19日 18時17分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
小田急ロマンスカーNSE(3100形)・11両編成(試作品)

 小田急電鉄は12月19日、オリジナル仕様の「小田急ロマンスカーNSE(3100形)・11両編成」鉄道模型を、12月24日より小田急グッズショップ「TRAINS(トレインズ)」にて販売すると発表した。

 同社と関水金属が共同開発した鉄道模型ブランド「KATO」のレジェンドコレクション第7弾の発売を記念したTRAINS特注のオリジナル商品で、KATOにおける小田急電鉄の車両模型は1988年発売の「小田急ロマンスカー HiSE」以来、26年ぶりの商品化となる。制作にあたっては実写製造当時の設計図や保存車両の綿密な取材を行い、列車無線用アンテナが装備された当時のシンプルな車体を再現している。

 本体は一般販売される通常モデルと同じ仕様ながら、車体番号を第一編成の3101編成(11両)とした。また、購入特典として「鉄道友の会ブルーリボン賞受賞記念プレート(ミニチュア版)」、通常モデルに収録されていない愛称の列車名シール(「おとめ」、「きんとき」、「あしのこ」、「試運転」、「ブルーリボン賞受賞車」、「回送」)が付属する。

購入特典(イメージ)

 サイズはNゲージ。Nゲージ鉄道模型として走行可能なほか、前照灯・尾灯・通過表示灯・愛称表示板が点灯。300セットの限定特別販売で価格は2万6784円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン