このページの本文へ

誰もが使ったことがある(と思う)SIIの電子辞書もスマホの波には

SII、電子辞書から撤退

2014年10月08日 17時15分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
電子辞書ビジネスからの撤退について

 セイコーインスツルは10月7日、2015年3月末をもって電子辞書ビジネスから撤退することを発表した。

 1987年から開始された同社の電子辞書ビジネスは、ベストセラーとなった「TR700」(1992年)を代表作に、学生やビジネスマン、さまざまなシーンで利用されてきた。

SIIの電子辞書シリーズは各種言語や医療用など各分野の専門辞書を充実させたモデルをラインナップするなど学生からビジネスマン、海外旅行などさまざまなシーンで普及した

 撤退の理由は、電子辞書市場の縮小とともにスマホやタブレットの普及で電子辞書の需要が期待できなくなったためという。

 同社では2015年4月以降も問い合わせやコンテンツダウンロードといったサービスを継続するとともに、電子辞書事業で培った辞書コンテンツの利用ノウハウを活かした検索サービスのビジネス展開の可能性を検討するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン