このページの本文へ

点灯・点滅の顔マーク表示でわかりやすい注意喚起

体育館や学校、工場などに最適「熱中症予防表示付デジタル時計」

2014年07月11日 18時46分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「熱中症予防表示付デジタル時計」

 セイコータイムシステムは7月11日、熱中症の注意レベルがひと目でわかる「熱中症予防表示付デジタル時計(NDC-100W)」を発表、7月17日より販売する。

 近年急増している屋内での熱中症を予防するため、WBGT温度(湿度・放射熱・気温から算出)による警戒情報を5段階表示の顔マークで表示する。遠くからも見やすい大型サイズと白色LEDを採用し、体育館や高齢者施設、工場や学校などに設置するのに適している。

熱中症警戒表示は5段階 

 本体サイズは幅930×高さ360×奥行き75mm、重量は約10kg。AC100V動作。価格は9万9900円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン