このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

大満足! カシオ「EX-100」でプレミアムホテルを先取り体験

2014年03月31日 14時00分更新

文● 小林 伸/撮影:小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カシオの最新デジタルカメラ、「ハイスピードエクシリム EX-100」(以下、EX-100)が発売された。EX-100は、シャッターボタンを1度押すだけで設定の異なる9枚を連写する2軸ブラケティング機能「プレミアムブラケティング」と、全域F2.8の光学10.7倍ズームを搭載した、“エクシリム”のプレミアムモデルだ。カメラに詳しい方なら、世界で初めて2軸ブラケティング機能を採用した「EX-10」の兄弟機といえばピンと来るはず。

「ハイスピードエクシリム EX-100」

 EX-100の目玉はなんといってもプレミアムブラケティングで、ホワイトバランスと明るさ、フォーカスと絞りなど、2種類の撮影パラメータ設定値を3段階変化させて計9枚を連写できる。また、ズーム全域で開放F値F2.8をキープする焦点距離28-300mmのレンズ(35mm判換算)にも注目だ。望遠時でも高速なシャッタースピードで撮影でき、暗所での手ブレ防止で高い効果を発揮する。最短で約5cm、テレ端で約50cmの最短撮影距離を実現していることもポイント。

 EXILIM エンジンHS Ver.3 ADVANCEよって達成した、起動時間約1.40秒、オートフォーカス(AF)時間約0.17秒、撮影間隔約0.25秒という高速レスポンスも驚異的だ。スイッチを入れて起動、オートフォーカス、撮影までの流れがサクサクと行なえる上、1度撮影した後も待たされることなく、約0.25秒後にはシャッターを押せるのだ。

 背面に搭載した3.5型の92万画素液晶モニターは、上向き180度、下向き55度に開く上下チルト機構を採用しており、ローアングル撮影/ハイアングル撮影のどちらも行ないやすい。

 EX-100には、カシオらしさに溢れる機能がまだまだある。その詳細は、「EX-100」製品紹介ページを参照してほしい。

主なスペック
機種名 カシオ「ハイスピードエクシリム EX-100」
撮像素子 1/1.7型裏面照射型高速CMOSセンサー
有効画素数 1210万画素
レンズ F値:F2.8(絞り:F2.8〜F8.0)、レンズ焦点距離:F=6.0-64.2mm /35mm判換算値:約28-300mm
ズーム 光学ズーム10.7倍、プレミアムズーム併用時21.4倍、デジタルズーム4倍、HDズーム/デジタルズーム併用時最大83.5倍(3Mサイズ)
撮影可能範囲
(レンズ端から)
オートフォーカス:約10cm〜∞(W端)、マクロ:約5cm〜50cm(W端から4段ズーム時)、スーパーマクロ:約5cm〜約50cm、マニュアルフォーカス:約10cm〜∞(W端)
ISO感度 静止画:オート/ISO 80-ISO 12800相当、静止画(HSナイトショット):最大ISO 25600相当、動画:オート
フォーカス フォーカス方式:コントラスト検出方式オートフォーカス AF補助光付き、フォーカスモード:オートフォーカス、マクロ、スーパーマクロ、マニュアルフォーカス、AFエリア:インテリジェント、スポット、マルチ(25エリアから選択)、追尾
画像モニター 3.5型液晶 約92万1600ドット チルト機構搭載(上180度、下55度)
インターフェース microUSB 2.0端子、microHDMI端子、
Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)対応
外部メモリー SD/SDHC/SDXCメモリーカード対応
記録フォーマット 静止画:JPEG、RAW(DNG)、動画:MOV形式、H.264/AVC準拠
撮影録音機能 レンズシフト方式手ブレ補正、顔検出、プレミアムブラケティング(20種類)、HDR、タイムラプス(インターバル撮影2種類、タイムプラス動画11種類)、プレミアムオート PRO、プレミアムズーム、美白、NDフィルターなど
バッテリー駆動時間 静止画撮影枚数約390枚/エコモード時約465枚
フルHD動画実撮影時間約1時間15分
フルHD動画連続撮影時間約2時間20分
フルHD動画タイムプラス撮影時間約4時間5分
本体サイズ/重量 幅119.9×高さ67.9×奥行50.5mm
/約389g(バッテリー、メディア含む)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン