このページの本文へ

自社導入では2カ月間の短期導入を実現

B-EN-G、クラウド型CRM「SAP Cloud for Customer」を販売開始

2014年03月05日 05時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は3月4日、SAPジャパンと販売代理店契約を締結し、クラウド型CRMアプリケーション「SAP Cloud for Customer」の提供を開始したことを発表した。B-EN-Gでは同CRMを自社導入しており、2カ月間での短期導入を実現したという。

 昨年7月に国内リリースされたSAP Cloud for Customer(関連記事)は、マーケティング/営業部門向けの「SAP Cloud for Sales」、ソーシャルを通じた顧客対応管理機能を提供する「SAP Cloud for Social Engagement」、サービス部門向けの「SAP Cloud for Service」で構成されている。直感的インタフェースとマルチデバイスへの対応、オンプレミスシステムとの連携といった特徴がある。

 B-EN-Gでは、営業プロセスの見直し、スマートデバイスによるスピードの追求、および優れたユーザーエクスペリエンスの実現を図るために同CRMの採用を昨年12月に決定、2カ月間の短期導入を実現し、2月1日より稼働開始したとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ