このページの本文へ

上海問屋「DN-42135」

なぜだ!? “計量器”内蔵のヘンテコマウスが上海問屋で販売中

2013年08月23日 23時03分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスにデジタルスケールが内蔵されたユニークな製品「DN-42135」がドスパラ パーツ館3階の上海問屋で販売中だ。

マウスにデジタルスケールが内蔵されたユニークな製品「DN-42135」

 普段はUSB接続の有線式マウス。しかしフタを開けると内部にデジタルスケール(計量器)が内蔵されているという実にヘンテコな製品。デジタルスケールはマウスから取り外して使うこともできる。

内部にデジタルスケール(計量器)が内蔵。0.1g単位で最大500gまでの物を計量可能だ
電源は単4乾電池2本を使用する

 なお“計量器”としての機能は0.1g単位で最大500gまでの物を計量可能。また「風袋機能」を備え、物を載せてから重さを0に設定できる。単位も通常の「g」に加え「oz」「gn」「ct」に切替可能だ。電源は単4乾電池2本を使用。サイズは120(W)×65(D)×30(H)mm。
 価格は2500円となっている。

マウスとしてはいたって普通。USB接続の有線式となる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中