このページの本文へ

前回王者「あけおめ」の4倍以上、サーバーは持ちこたえた

バルス祭りの瞬間ツイート数、4倍以上の大差で最高記録を樹立

2013年08月05日 23時08分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Twitter日本語版の公式アカウント「TwitterJP」、記録の大幅な更新を伝える

 8月2日夜、日本テレビの「金曜ロードSHOW!」で「天空の城ラピュタ」(以下、ラピュタ)放送と合わせて「バルス祭り」が発生した(関連記事)。ツイッターを筆頭にネット上で大きな盛り上がりを見せたバルス祭りを振り返りたい。

 アニメ終盤、ラピュタの王として世界に君臨することに野心を燃やすムスカに対面する主人公パズーとヒロインのシータ。追い詰められたパズーとシータにムスカが「3分間待ってやる」と猶予を与えたあと瀬戸際に二人が唱えるのが、ラピュタ崩壊の呪文「バルス」だ。形勢逆転、緊迫を打ち破るカタルシス、この瞬間とほぼ同時にインターネット上では視聴者が一斉に「バルス!」と書き込む現象が起こる。この現象がバルス祭りと呼ばれている。

 バルス祭りは以前から大手掲示板などを中心に発生していたが、最近の祭りの盛り上がりにはツイッターが大きな影響を与えている。前回放送時の2011年12月に、多くのバルス関連のつぶやきにより2万5088ツイート/秒で秒間ツイート数の当時の過去最高を記録。しかし、「あけおめ」のつぶやきがある2013年1月1日00時00分ごろの3万3388ツイート/秒に1位の座を奪われ、再度の記録更新なるかが注目が集めていた。結果は前王者「あけおめ」に4倍以上の差をつける14万3199ツイート/秒を記録し見事王座を奪還した。

 バルス関連のツイートの盛り上がりには企業などの公式アカウントも一躍買っている。秒間ツイート数の過去最高記録の瞬間及び直前ではバルス関連のつぶやきが多く見られた。バルスとつぶやいた企業や公式アカウントはプレイステーション公式、ケンタッキー・フライド・チキン、Amazon.co.jp、駐日アフガニスタン大使館など幅広い。またラピュタを放送した日本テレビ以外のテレビ局もバルスを絡めたツイートを残している。

左から駐日アフガニスタン大使館、Amazon.co.jp、テレビ朝日宣伝部。その幅広さでバルスの影響力の大きさがわかる

 また各種インターネットメディアもバルスに関わるイベントや仕組みを用意した。「ニコニコ生放送」では「バルス祭り」という会場を開設、同作品と関連の深い人物が出演と共にバルスの瞬間を盛り上げた。「Yahoo!JAPAN」トップページでは「バルス」ボタンが登場し、クリックすることでページが徐々に崩れる滅びの呪文を再現した。mixiではmixiボイスで期間限定の装飾文字「バルス」を提供した。

mixiのボイス投稿数(秒間)は通常の150倍を超える投稿を記録

 一方、注目度が高まりによるサーバーへの負荷の大きさを心配する声も寄せられたいた。各種サーバーでは、2ch実況(hayabusa2)が一時ダウンした以外では問題は確認されていない。過去最高のつぶやきがあったツイッターでは大きな負荷に対しても耐えられることが改めて証明される形となった。

 ツイッター秒間ツイート数の大幅な記録更新など大きな盛り上がりを見せたバルス祭り。次回はどのような記録が打ち出されるのだろうか。今から待ち遠しい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン