このページの本文へ

データ漏えいを防ぐソフトウェアなどを搭載

レノボ、「ThinkPad Tablet 2」にドコモXi対応の法人向けモデルを追加

2013年06月18日 17時21分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ThinkPad Tablet 2」

 レノボ・ジャパンは6月18日、NTTドコモのLTE回線「Xi(クロッシィ)」に対応した法人向けタブレット「ThinkPad Tablet 2 for DOCOMO Xi」を発表した。

 従来の軽量、薄型タブレット「ThinkPad Tablet 2」の法人向け新モデルで、NTTドコモのLTE回線に対応する。紛失や盗難にあったタブレットからデータ漏えいを防ぐディスク暗号ソフトウェア「SecureDoc」、遠隔地からデータを削除、ロックして情報漏えいを防ぐことができる機能「Computraceサービス」(ともに有償)を備える。

 主なスペックは、OSがWindows 8 Pro(32bit)、プロセッサーがIntel Atom Processor Z2760、フラッシュメモリは64GB。NFCに対応する。タッチペン搭載/非搭載を選択可能(タッチペン搭載モデルと非搭載モデルはディスプレイが異なる)。ディスプレイは、10.1型ワイドIPS液晶(1366×768ドット)。本体寸法は、約幅262.6×奥行き9.8×高さ164mm。重量は約565g(ペンなし、ペンを内蔵した場合585g)。

 販売チャネルはNTTドコモ法人部門など。本日より予約を開始し、7月中旬ごろの出荷予定となっている。

カテゴリートップへ