このページの本文へ

ドコモ、Xperia AXの強制再起動を修正するアップデート配布

2012年11月27日 17時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、冬モデルとして11月16日に発売された「Xperia AX SO-01E」の不具合を修正するソフトウェア更新を、明日28日18時より開始する。更新に要する時間は、端末単体の場合は約4分、PC経由の場合は約10分。

国内向けのXperiaシリーズとしては、初の防水・防塵対応モデルとして注目されていた「Xperia AX」

 今回の不具合は26日に公表されたもので、東京23区内など特定エリア環境内で、強制的に電源断・再起動が発生するというものだ。また、同時に「タッチパネルの一部が反応しない場合がある」という現象についても改善される。


ドコモ「Xperia AX SO-01E」の主なスペック
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 4.3型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約65×129×8.7mm
(最厚部 約10.8mm)
重量 約120g
CPU Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz
(デュアルコア)
メモリー容量 ROM:16GB/RAM:1GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 4.0
Xi対応 ○(下り100Mbps)
テザリング ○(最大10台)
カメラ画素数 リア:約1300万画素(裏面照射型)
イン:約31万画素CMOS
バッテリー容量 1700mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
NOTTV ×
赤外線
防水/防塵 ○/○
Qi ×
miniUIM
連続待受時間(3G/LTE) 約480時間/約350時間
連続通話時間 約460分
カラバリ White/Black
/Pink/Turquoise
発売時期 発売中

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン